LEXUS GAZOO Racing

SUPER GT 2017年 公式テスト富士

2日目

公式テスト富士 2日目 降雪に見舞われた富士スピードウェイ

公式テスト富士 2日目は降雪のため中止に

公式テスト富士 2日目の天候は、この時期では珍しい雪となった。前夜遅くから降り始めた雪は、朝の時点でコース上には積もっていなかったものの、グリーン部分は真っ白な雪化粧に。さらに霧も深かったため、午前9時30分から予定されていたセッション3は、まず10時30分まで開始を見合わせることになった。その代替イベントして、悪天候にもかかわらずサーキットに集まった多くのファンたちに向けて、急遽オープンピットが実施された。

その後、雪が一旦雨に変わることもあったが、グリーン上の積雪が溶ける見込みはなく、本日の走行中止が正式に決定。オープンピットが12時まで延長となり、これをもって公式テスト富士の2日目は終了となった。これで開幕前の公式テストはすべて終了。LEXUS勢6チームは、岡山と富士の3日間のテストで得られた成果をもって2週間後の開幕戦に挑む。

岡山、富士と2回行われた公式テストでは、タイムシートの上位をLEXUS勢が占めることが多かったが、TRD開発部の永井 洋治部長によれば「昨シーズンの早い段階で、ライバル勢に対し苦戦していた原因を探り、開発プログラムを見直しました。今のところは、そのプログラム通りに、順調にクルマを進化させることができています。それから開発方法にも市販車の考え方を導入し、昨年から見直しを図っています。結果的に(大きな)トラブルが出なかったので、その部分も上手くいっていると感じています」とのこと。

また「現時点でライバル勢をリードしている手ごたえはありますが、もちろん油断はできません。しかしながら我々が現時点で目標に掲げている開幕戦と第2戦の勝利に向け、クルマ的には十分期待ができると思います。最後に、今日は生憎の天気にも関わらず、たくさんのファンの皆さんに集まって頂き、ありがとうございました。(DTMとの統一車両規則となった)2014年以降は、ホームの富士で一度も勝てていません。ドライバーやチームと同様に、我々エンジニアも特に富士で勝ちたいと強く思っています。サーキットに来て、ぜひLEXUS勢を応援して下さい!」とコメントした。

SUPER GTの2017年シーズンは、4月8日(土)9日(日)に岡山国際サーキットで開幕する。今シーズンもLEXUS勢の応援をよろしくお願いします!

降雪で公式テスト2日目は中止となった 降雪で公式テスト2日目は中止となった

ピットロードでは走行セッションに代わりオープンピットが行われた ピットロードでは走行セッションに代わりオープンピットが行われた

au TOM'S LC500 36号車のジェームス・ロシターと伊藤 大輔 au TOM'S LC500 36号車のジェームス・ロシターと伊藤 大輔

JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 51号車の坪井 翔 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 51号車の中山 雄一と坪井 翔