G’s SPORTSCAR for ALL.

HOW TO TUNE

Solid Body

まず車両のボディ剛性を、硬すぎるレベルにまで振り切ったチューニングをします。
アンダーフロアの前後に補強ブレースを装着したり、ボディパネルのドア周りに強度を高める溶接ポイントを追加。
しかし、このままでは乗り心地が低下する恐れがあります。
それを改善するために、今度は少しずつ硬さを和らげる方向へ戻すチューニングを行います。
ブレースの強度や位置、溶接ポイントの数などを何パターンも検証し、実際に走り込みながら
レスポンスと乗り心地が高度に調和する、最適な剛性を探っていきます。

Sporty Sunpension

ボディの次は、俊敏なハンドリングとフラットな乗り心地を両立する足回りへ。
サスペンションのチューニングにはとても微妙なバランスが求められます。
車体姿勢を安定させ操縦安定性を高めながらも、路面ショックを吸収して乗り心地をよくしなければなりません。
まず、車両のコーナリング姿勢を安定させるために低重心化を狙い、ローダウンスプリングを採用。
さらに、高められたボディ剛性や専用の軽量アルミホイール、高性能タイヤとの調和を考えながら
スプリングの硬さ、ショックアブソーバーの減衰力を、調律とも言える
徹底したチューニングを施すことにより最適な値にセッティングしていきます。
こうして生み出されたG’sの「意のままで気持ちいい」乗り味こそが
日常の運転からハイウェイ、ワインディングに至るまで、幅広いシーンで走る愉しさをもたらしてくれるのです。

レースという極限状態の中で「クルマを鍛え、人を鍛える」。
もっといいクルマづくりを目指して、WEC*、ニュルブルクリンク*24時間レースなど、
世界中の過酷なモーターレースに参戦するTOYOTA GAZOO Racingは、いわば“戦う開発者集団”。
G’sは、TGRのドライバーとエンジニアがサーキットで培った技術・知見を注ぎ込み、
細部にわたるチューニングを行い、時に1年以上を費やし、徹底的にクルマの味付けを行なっています。

*FIA世界耐久選手権
*世界で最も過酷なサーキットと言われるスポーツカー開発の聖地