2018年プレスリリース

TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジプログラム

勝田貴元、ラリー・スペインWRC2クラス12位でシーズンを終了

2018年10月29日(月)

TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムに参加中の勝田貴元が、10月25-28日に開催されたFIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦ラリー・スペインに参戦し、勝田・サルミネン組はWRC2クラス12位でラリーを終えました。

勝田・サルミネン組
勝田・サルミネン組

バルセロナ南西の都市サロウを中心に開催されたラリー・スペインは、WRC唯一のミックスサーフェスラリーで、金曜日はグラベル(未舗装路)、土曜日、日曜日は高速で起伏のないターマック(舗装路)で構成され、勝田にとっては昨年に続き2度目の参戦、今年6戦目のWRCイベントとなりました。

金曜日のグラベルステージ、勝田・サルミネン組は、強豪がひしめくWRC2クラスにおいて引けを取らないスピードを見せました。特にSS4、本ラリー最長38.85kmで且つ路面はグラベルとアスファルトのセクションが混在する難しいコンディションの中で3番手タイムを記録しましたが、SS6でコースオフし、デイリタイアとなりました。

再出走した土曜日、降雨と前走車が掻き出した大量の泥に覆われたステージは勝田にとって初めての経験となりましたが、徐々に自信をつけ、タイムも少しずつ伸ばしました。ドライタイヤで挑んだ日曜日、ステージは湿って滑りやすく、また新しい環境下での挑戦となりましたが、2日間を走り切ることで重要な知識と経験を身に着けました。

■選手コメント

勝田貴元: とても複雑で難しいラリーでしたが、様々な状況でのドライビングを通して多くのことを学ぶことができた週末でした。SS4だけでなく、他のステージのスプリットタイムも良いタイムを刻むことができ、グラベルステージでのスピードには満足していますが、ミスをもっと減らさなければならないと感じました。土曜日は雨が降っていてナーバスになっていましたが、走行を重ねるにつれ、少しずつ自信が持てるようになりました。日曜日も同様に、ドライタイヤを選んだためグリップが少なく最初はナーバスでしたが、だんだん自信がついてきました。1年間を通して、自分の成長と進歩には満足しており、サポートしてくれたチームの皆にはとても感謝しています。常に私を正しい方向に導いてくれ、ここまで来ることができたのは彼らのおかげです。まだまだ伸ばすべき点はたくさんあるので、これからもさらなる成長のために努力を続けます。

■講師コメント

トミ・マキネン(プログラム監修): この週末は勝田にとって貴重な経験となりました。金曜日のグラベルでは良いタイムを出しましたが、ミスもありました。今回、濡れたアスファルトでの走行は初めてで非常に難しかったはずですが、土曜日、日曜日を走り切り、経験を積むことができました。この1年間のプログラムの進歩をうれしく思っています。勝田は良い成長を見せてくれましたが、ラリーというスポーツで彼の能力を最大限に発揮するには、さらなる経験が必要です。来年に向けて、彼の成長に効果的なスケジュールを検討しています。

■WRC2クラス結果(h:時間、m:分、s:秒)

  1. 1 Kalle Rovanperä/Jonne Halttunen (Skoda Fabia R5)

    3h20m47.6s

  2. 2 Jan Kopecky/Pavel Dresler (Skoda Fabia R5)

    +8.5s

  3. 3 Petter Solberg/Veronica Engan (Volkswagen Polo R5)

    +1m36.6s

  4. 4 Kajetan Kajetanowicz/Maciej Szczepaniak (Ford Fiesta R5)

    +1m59.6s

  5. 5 Nils Solans/Marc Marti (Ford Fiesta R5)

    +2m59.3s

  6. - - - - - - - - - -

  7. 12 Takamoto Katsuta/Marko Salminen (Ford Fiesta R5)

    +21m22.3s

  • 勝田・サルミネン組
    勝田・サルミネン組
  • 勝田貴元
    勝田貴元

■次戦

2018年の参戦は今回のラリーで終了となります。2019年のスケジュールは決定次第、追って発表いたします。