FIA WORLD RALLY CHAMPIONSHIP
WRCドライバーズタイトル
獲得選手監修
2台の特別仕様車が、
2024年春に誕生。
WRCドライバーズタイトルを
幾度となく獲得した
セバスチャン・オジエ選手と
史上最年少で獲得した
カッレ・ロバンペラ選手。
歴史に名を刻む二人のドライバー自らが、
ステアリングを握って走りを磨き、
内外装にもこだわって監修を行った特別な
GRヤリス。

開発の軌跡

- Background -
NEW GR YARIS

2022年ラリージャパン直後のこと。WRCドライバーズタイトルを獲得したセバスチャン・オジエとカッレ・ロバンペラ、それぞれの選手への感謝の気持ちを込めて、彼らの名を冠した特別なGRヤリスをつくってあげたい。そして、このクルマを通じて、ドライバーやTOYOTA GAZOO RacingのWRCへの取り組みに、もっとエールを送っていただきたい。そんなモリゾウの想いが開発の起点となった。

そしてスタートしたWRCチャンピオンの名前を冠するGRヤリスづくり。名前の通り両世界チャンピオンが求めるクルマを一緒につくり上げることとした。世界のラリー王者たちが求める走りを実現すべく、彼らと走り込んで、フィードバックを受け、その名にふさわしい走行性能を追求した。

また走りだけではない。エクステリアのカラーリングやインテリアのディティールまでも、ふたりと共にこだわり抜いた。実際にオジエとロバンペラと共に議論し、検証を重ね、一つひとつつくり上げていった。つまり、クルマの内側から外側まで、WRCチャンピオンのこだわりや個性が息づいている。

そんな開発を経て、元町工場で行われた最終評価会。そこには完成を見届けるべく両ドライバーの姿があった。生産工程の確認から始まり、直接ステアリングを握るまで。最後は全てをオジエとロバンペラが自ら確かめて、完成を迎えた。

モリゾウの想いから始まり、2人のチャンピオンと作り上げたGRヤリス オジエEditionとロバンペラEdition。歴史に名を刻むWRCチャンピオンを祝福する特別なGRヤリスが、今ここに誕生する。

Sébastien Ogier
Edition

2024年春 100台限定発売
Concept

より洗練した走りを得るために、
オジエは軽快なスポーツ走行をもたらすCFRP製のラリーリヤウイングの開発を選んだ。
4WDモードセレクトは、オジエの力強くも繊細な走りに合わせた「SEB. 」モード、
モリゾウ選手が開発した加減速に応じた制御がされる「MORIZO」モードを専用装備とした。

また、専用色として新色のマットステルスグレーを取り入れ、キャリパーもブルーに仕上げた。
ステアリングには、オジエの出身であるフランスをイメージしたトリコロールのステッチを採用している。
落ち着いた上品さと、クルマに近づいて気づくさりげないあしらいの数々は
気取らないおしゃれな大人の上質さを演出するオジエらしい仕上がりとなった。

  • Photo:RZ“High performance・Sébastien Ogier Edition”[ベース車両はRZ“High performance”(6MT)]。ボディカラーのマットステルスグレーは特別設定色。
  • ■写真はイメージです。
Sébastien Ogier
セバスチャン・オジエ
フランス人ラリードライバー。2013年から2018年までWRCドライバーズタイトルを連続で獲得し、2020年TOYOTA GAZOO Racing WRTに加入。シーズン2勝を飾り、自身7度目のドライバーズタイトルを獲得した。2021年もシーズン5勝で通算8回目のドライバーズタイトルを獲得。フル参戦を終了した2022年以降もシートをシェアする形でWRCへの参戦を続ける。
PERFORMANCE
4WDモードセレクトスイッチ オジエEdition専用制御(NORMAL / MORIZO / SEB. )
電子制御多板クラッチを用いたアクティブトルクスプリット4WDシステムにより、前後輪のトルク配分を「NORMAL」、「MORIZO」*、「SEB. 」の3つの制御モードから選択できる。
  • * 「MORIZO」モードはモリゾウ選手が開発したトルク配分の制御モードです。
4WDモード名 機能
「MORIZO」
モード
トラクション性能と旋回性能を高い次元で両立させるため、加速時は前後輪の拘束力を最大(直結)とし、制動時は必要分だけ拘束を緩める仕様。モリゾウこと会長の豊田が走り込んで導き出した駆動力配分をオジエ選手が気に入り採用に至った。
「SEB. 」
モード
前輪の旋回性を確保しながら、後輪の駆動力による車両コントロールを可能にするため、後輪よりの前後駆動配分とした仕様。車両との一体感を味わえるほか、高速で車体をコントロールすることにより、タイム短縮に寄与。
BBS製アルミホイール(8J×18)+フランス国旗+TOYOTA GAZOO Racingロゴ加飾
ブルーキャリパー
軽量ラリースポイラー
(CFRP製)
EXTERIOR
マットステルスグレー
マットな仕上がりながらも、独特の輝きを放つボディカラー。遠くから眺めるときと近くで見たとき、さらには見る角度や光の加減で印象が異なるのもこのカラーの大きな魅力。ブルーのキャリパーも相まって、全体的にシックな装いに仕上がっている。
  • Photo:RZ“High performance・Sébastien Ogier Edition”[ベース車両はRZ“High performance”(6MT)]。ボディカラーのマットステルスグレーは特別設定色。
S.Ogier Editionロゴ
(バックドア)
WRC優勝記念デカール
(フロントフェンダー左右)
フロントラジエーターグリル加飾
(フランス国旗)
TOYOTA GAZOO Racingデカール
(ドア左右)
INTERIOR
  • Photo:RZ“High performance・Sébastien Ogier Edition”[ベース車両はRZ“High performance”(6MT)]。内装色はブラック。
  • ■写真の計器盤と画面表示は機能説明のために通常の状態と異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。
ステアリングステッチ
(ブルー×グレー×レッド)
WRC優勝記念バッジ
(助手席)
モリゾウサイン
(フロントウインドゥ)
●グレーステッチ(シフトブーツ・パーキングブレーキカバー・シート)
●専用GR Full TFTメーター表示(「MORIZO」モード / 「SEB. 」モード)

Kalle Rovanperä
Edition

2024年春 100台限定発売
Concept

ロバンペラが得意なドリフト走行とドーナツターンを容易にする「DONUT」モードを装備。
さらに振り回しながらも速く走るモードとして「KALLE」モードを新規開発。
その走りに必要な装備として、等速リヤデファレンシャルギヤを装着し、軽快な走りを実現した。

また、デザインはロバンペラのデザイナーの友人とともに考案している。
ロバンペラが好む赤色とカーナンバー69をモチーフに、アグレッシブなカラーリングを3色塗装で実現。
さらに室内では母国フィンランドを感じられるステッチ色を採用している。
最年少チャンピオンらしい精悍さと、個性を感じさせる走りとデザインでロバンペラらしい仕上がりとなった。

  • Photo:RZ“High performance・Kalle Rovanperä Edition”[ベース車両はRZ“High performance(6MT)。ボディカラーのカッレ・ロバンペラEdition専用色(3色塗装)は特別設定色。
  • ■写真はイメージです。
Kalle Rovanperä
カッレ・ロバンペラ
フィンランド人ラリードライバー。2020年にTOYOTA GAZOO Racing WRTに加入したのちは、2022年にシーズン6勝を記録し、WRC史上最年少記録となる22歳と1日でドライバーズチャンピオンに輝いた。2023年も、3回の優勝を含む今シーズン8回の表彰台を獲得し、WRC連覇を達成した。
PERFORMANCE
4WDモードセレクトスイッチ ロバンペラEdition専用制御(NORMAL / DONUT / KALLE)
電子制御多板クラッチを用いたアクティブトルクスプリット4WDシステムにより、前後輪のトルク配分を「NORMAL」、「DONUT」、「KALLE」の3つの制御モードから選択できる。
4WDモード名 機能
「DONUT」
モード
ドリフト走行やドーナツターンが得意なロバンペラ選手のため、前後輪の拘束力を最大(直結)とし、ドリフト走行時のスライドコントロール性を確保した仕様。
「KALLE」
モード
追加装着した等速リヤディファレンシャルを最大限活かす制御により、リニアな挙動特性を実現。 コーナー進入でリヤを積極的に振り出し、脱出時にはアクセルでフロントを引っ張るような運転が可能となり、タイム短縮に寄与。
BBS製アルミホイール(18×8J)+TOYOTA GAZOO Racingロゴ加飾
リヤスポイラー
(可変ウィング/CFRP製)
EXTERIOR
ロバンペラEdition専用色(3色塗装)
ホワイト×レッド×グレーが目を引く、三色塗装のボディカラー。ロバンペラ選手のドライビングを彷彿とさせる大胆なカラーリングと、GRロゴやTOYOTA GAZOO Racingデカールとのマッチングも相まって、個性的な一台に仕上げた。
  • Photo:RZ“High performance・Kalle Rovanperä Edition”[ベース車両はRZ“High performance(6MT)。ボディカラーのカッレ・ロバンペラEdition専用色(3色塗装)は特別設定色。
K.Rovanpera Editionロゴ
(バックドア)
WRC優勝記念デカール
(フロントフェンダー左右)
TOYOTA GAZOO Racingデカール
(ドア左右/リヤバンパー)
INTERIOR
  • Photo:RZ“High performance・Kalle Rovanperä Edition”[ベース車両はRZ“High performance(6MT)。内装色はブラック。
  • ■写真の計器盤と画面表示は機能説明のために通常の状態と異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。
ステアリングステッチ
(ブルー×グレー)
WRC優勝記念バッジ
(助手席)
モリゾウサイン
(フロントウインドゥ)
ブルー×グレーステッチ
(シフトブーツ・パーキングブレーキカバー・シート)
  • ■写真はシフトブーツ 、パーキングブレーキカバー。
●専用GR Full TFTメーター表示(「DONUT」モード / 「KALLE」モード)
  • ■写真は2024年1月現在のプロトタイプモデルで、量産モデルとは一部仕様が異なる場合があります。
  • ■掲載の内容は、2024年1月時点の情報です。今後、仕様および名称は予告なく変更される場合があります。
Special Experiences ご成約者様特典
※画像はイメージです。※特典は2024年1月時点の内容です。※特典内容は予告なく中止又は変更となる可能性があります。

Exhibition information

2月10日〜12日の大阪オートメッセ2024と、
2月15日〜18日には名古屋での展示が決定。
2024 02/15(木)-18(日)名古屋JRゲートタワー1階イベントスペース
日程:2024年2月15日(木)〜 2024年2月18日(日)
会場:名古屋 JRゲートタワー1階イベントスペース(愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1−3)