2018年プレスリリース

LEXUS CUSTOMER RACING 2018年 マンスリーレポート No.5
米国WTSCシリーズとSUPER GTシリーズで
「LEXUS RC F GT3」が表彰台獲得

2018.08.01(水)- 17:15配信

北半球は夏を迎え、モータースポーツも熱い戦いの季節がやってきました。LEXUS RC F GT3も世界各地のレースで活躍を続けています。LEXUS CUSTOMER RACING マンスリーレポート第5号では、世界三大耐久レースと呼ばれるスパ24時間が行われた欧州Blancpain GTシリーズ、7月中に3大会という忙しいスケジュールで戦われている米国WeatherTech SportsCar Championship(GTDクラス)、シリーズ唯一の海外遠征戦としてタイラウンドを戦ったSUPER GT、スーパー耐久(ST-Xクラス)の模様をお伝えします。

  • WeatherTech SportsCar Championship 第7戦 モスポート・パーク今季2度目となる表彰台を獲得した 3GT Racingのドミニク・ボウマンとカイル・マルチェリ
  • LEXUS RC F GT3の開発段階から参戦してきた60号車が、初の表彰台を獲得した

Blancpain GTシリーズ 第7戦 スパ・フランコルシャン24時間耐久レース
Total 24 Hours of Spa

 7月26日(木)から29日(日)にかけて、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットでBlancpain GTシリーズの第7戦となる、スパ・フランコルシャン24時間耐久レースが行われました。今大会が70回目という記念すべき大会に、今季より同シリーズに参戦しているエミル・フライ・レクサス・レーシングから、LEXUS RC F GT3が初出場しました。
 伝統の同大会は、24時間という決勝レースの長さだけでなく、予選などのシステムも他のシリーズ戦とは異なります。予選は26日(木)の夜に4回に分け、各チームのドライバーが1人ずつアタック。全ドライバーの平均タイムで競われ、上位20台が「スーパーポール」に進出します。
 LEXUS RC F GT3はアルバート・コスタ/クリスチャン・クリエン/マルコ・シーフリード組の14号車が15番手タイムで「スーパーポール」に進出。ステファン・オルテリ/ノルベルト・シードラー/マルクス・パルタラ組の114号車は26番手から決勝をスタートすることとなりました。
 27日(金)夕方に行われた「スーパーポール」に出場した14号車は19番手につけましたが、グリッドは上位チームのペナルティにより18番手に繰り上がりました。
 28日(土)午後4時30分に24時間の長いレースがスタート。2台のLEXUS RC F GT3は中団グループでの走行を続け、3時間経過時には、フルコースイエローのタイミングによる幸運もあって一時は114号車が2位を走行していましたが、スタートから8時間半を過ぎたところで、オー・ルージュでクラッシュ。ドライバーは無事でしたが、114号車はここでレースを終えることとなりました。
 14号車は24時間レースで1回のパンクを喫したものの、大きなトラブル無く走り抜き、総合13位でチェッカー。初めて挑戦したスパ24時間レースで、見事完走を果たしました。

第7戦スパ24時間レース リザルト

順位グリッドNo.ドライバーチーム周回トップとの差
13位18番手14アルバート・コスタ
クリスチャン・クリエン
マルコ・シーフリード
エミル・フライ・レクサス・レーシング5074 Laps
リタイア26番手114ステファン・オルテリ
ノルベルト・シードラー
マルクス・パルタラ
エミル・フライ・レクサス・レーシング196315 Laps
  • スパ・フランコルシャン24時間耐久レースに参戦したアルバート・コスタ/クリスチャン・クリエン/マルコ・シーフリード組の14号車
  • スパ・フランコルシャン24時間耐久レースに参戦したステファン・オルテリ/ノルベルト・シードラー/マルクス・パルタラ組の114号車

WeatherTech SportsCar Championship 第6戦 ワトキンス・グレン
Sahlen's Six Hours of the Glen

 6月28日(木)から7月1日(日)にかけて、米国ニューヨーク州ワトキンス・グレンのワトキンス・グレン・インターナショナルでWeatherTech SportsCar Championshipの第6戦が6時間耐久レースとして行われました。ワトキンス・グレンはニューヨーク郊外に位置する伝統のロードコース。
 同シリーズには昨年より3GT RacingがLEXUS RC F GT3で参戦。今大会は、ドミニク・ボウマン/カイル・マルチェリ組の14号車、ジャック・ホークスワース/デイビッド・ハイネマイヤー・ハンソン/マリオ・ファーンバッハー組の15号車の2台が出場。予選では15号車がGTDクラスのコースレコードを更新し、今季2度目となるポールポジションを獲得。14号車も3番手と好位置につけました。
 決勝レースではポールポジションスタートの15号車が64周にわたって首位を走行。レース中のファステストラップもマークしました。しかし、後半ポジションを落とし、4位でチェッカー。惜しくも表彰台は逃しましたが、15号車にとっては今季3度目のトップ5フィニッシュを果たしました。
 14号車は3番手スタートからすぐに15号車に次ぐ2位に浮上しましたが、燃料系トラブルに見舞われ、リタイアに終わりました。

リザルト(GTDクラス)

順位グリッドNo.ドライバーチーム周回トップとの差
4位1番手15ジャック・ホークスワース
デイビッド・ハイネマイヤー・ハンソン
マリオ・ファーンバッハー
3GT Racing1862.867
13位3番手14ドミニク・ボウマン
カイル・マルチェリ
3GT Racing11175 Laps

WeatherTech SportsCar Championship 第7戦 モスポート・パーク
Mobil 1 SportsCar Grand Prix

 7月6日(金)から8日(日)にかけてカナダ・オンタリオ州ボウマンヴィルのカナディアン・タイヤ・モスポート・パークでWeatherTech SportsCar Championshipの第7戦が2時間40分のセミ耐久レースとして行われました。
 予選ではジャック・ホークスワース/デイビッド・ハイネマイヤー・ハンソン組の15号車が2戦連続のポールポジションを獲得。ドミニク・ボウマン/カイル・マルチェリ組の14号車が2番手につけ、2台のLEXUS RC F GT3が最前列に並んでスタートを切りました。
 2台のLEXUS RC F GT3は58周にわたって首位を走行するなど、レースの大半で上位争いを展開。15号車がレース中のファステストラップ、14号車もセカンドファステストラップと速さを見せ、14号車が2位でチェッカー。今季2度目となる表彰台を獲得しました。
 15号車も終盤までトップ3圏内での走行を続けていましたが、残り2周でタイヤの摩耗が激しくなりポジションダウン。7位でレースを終えました。

リザルト(GTDクラス)

順位グリッドNo.ドライバーチーム周回トップとの差
2位2番手14ドミニク・ボウマン
カイル・マルチェリ
3GT Racing1072.919
7位1番手15ジャック・ホークスワース
デイビッド・ハイネマイヤー・ハンソン
3GT Racing10742.537

WeatherTech SportsCar Championship 第8戦 ライム・ロック
Northeast Grand Prix

 7月20日(金)と21日(土)の両日、米国コネチカット州レイクヴィルのライム・ロック・パークでWeatherTech SportsCar Championshipの第8戦が2時間40分のセミ耐久レースとして開催。今大会は、プロトタイプクラスの車両が出場せず、GTクラス車両(GTLMクラスとGTDクラス)のみでのレースとして行われました。
 今大会、15号車はジャック・ホークスワースと、耐久レースで3人目のドライバーとして参戦しているマリオ・ファーンバッハーとのコンビで出場。14号車はドミニク・ボウマン/カイル・マルチェリ組の14号車が予選で最前列2番手を確保。15号車も3番手で続き、決勝に臨みました。
 決勝では、スタートしてまもなくホークスワースの15号車がボウマンの14号車をパス。15号車は首位を追い、45周目には、3戦連続となるレース中のファステストラップをマーク。やや早めのピット作戦が効を奏し、53周目に首位に立ちました。
 しかし、15号車はタイヤ摩耗に苦しみ、ライバルより1回多い3回ピットストップ作戦を敢行、5位でチェッカーを受けました。今季4度目のトップ5フィニッシュ。14号車もタイヤ摩耗に苦しみ、7位でレースを終えました。

リザルト(GTDクラス)

順位グリッドNo.ドライバーチーム周回トップとの差
5位3番手15ジャック・ホークスワース
マリオ・ファーンバッハー
3GT Racing17246.246
7位2番手14ドミニク・ボウマン
カイル・マルチェリ
3GT Racing1711 Lap
  • 3GT RacingのLEXUS RC F GT3 14号車
  • 3GT RacingのLEXUS RC F GT3 14号車と15号車


SUPER GTシリーズ 第4戦 タイ(ブリーラム)
Chang SUPER GT RACE

 日本で最高の人気を誇るモータースポーツ、SUPER GT。第4戦はシリーズ唯一の海外遠征戦となるタイラウンドが、タイ・ブリーラムのチャン・サーキットで6月30日(土)と7月1日(日)の両日に行われました。今季のSUPER GTには、3台のLEXUS RC F GT3がGT300クラスにフル参戦しています。
 6月30日(土)に行われたノックアウト予選は、開始直前に激しいスコールに見舞われ、ウェットコンディションで競われることに。Q1では、K-tunes RC F GT3 96号車を駆るベテラン新田守男が13番手につけ、上位14台が進出できるQ2へ。 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車は16番手、地元凱旋レースとなったarto RC F GT3 35号車は17番手でQ2進出ならず。Q2では96号車を駆る中山雄一が好走を見せ7番手タイム。予選後の車検で上位車両が失格となったため、5番手グリッドから決勝レースのスタートを切ることとなりました。
 7月1日(日)は猛暑の中で決勝レースがスタート。16番手スタートの60号車吉本大樹が序盤から猛烈な追い上げで4位までポジションを上げ、ルーキーの18歳宮田莉朋へバトンタッチ。宮田も好走を見せ、3位でチェッカー。LEXUS RC F GT3の開発段階から参戦してきた60号車が、初の表彰台獲得となりました。96号車は苦しみながらも10位フィニッシュを果たし、ポイントを獲得。35号車は15位でチェッカーを受けました。

リザルト(GT300クラス)

順位グリッドNo.ドライバー車両名周回トップとの差
3位16番手60吉本 大樹/宮田 莉朋SYNTIUM LMcorsa RC F GT3618.712
10位5番手96新田 守男/中山 雄一K-tunes RC F GT3601 Lap
15位17番手35ナタウッド・ジャルーンスルカワッタナ/ナタポン・ホートンカムarto RC F GT3592 Laps
  • 初の表彰台を獲得したSYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車と地元凱旋レースを戦ったarto RC F GT3 35号車
  • K-tunes RC F GT3 96号車


ピレリスーパー耐久2018 第4戦 オートポリス
TKUスーパー耐久レースinオートポリス

 7月14日(土)と15日(日)の両日、大分県のオートポリスで、ピレリスーパー耐久2018 第4戦が5時間レースとして行われました。 同シリーズにはMAX RacingからLEXUS RC F GT3がST-Xクラスにフル参戦中。GoMax/田中哲也/佐藤公哉/土屋武士の4名でエントリーしている244号車は、14日(土)の予選に挑みましたが、予選1回目のアタック中にクラッシュ。車体のダメージが大きかったため、続く予選2回目と、翌日の決勝は欠場となりました。

リザルト(ST-Xクラス)

順位グリッドNo.ドライバーチーム周回トップとの差
出走せずタイム無し244GoMax
田中哲也
佐藤公哉
土屋武士
MAX Racing--
  • MAX Racing 244号車
  • MAX Racing 244号車