限りないクルマづくりの挑戦

LFA、86、そしてGR その進化の過程

2008年のニュルブルクリンク24時間レースに、
あるスーパースポーツカーがエントリーした。
エントリーリストの車名は「LF-A」。
この前年にコンセプトカーとして発表した開発中のクルマが、いきなりレースに参戦したのである。

艶消し黒のLF-Aの走行写真

一般的に、新車開発は機密が担保された状況下で行なうが、開発中のクルマを大観衆に晒されるレースに敢えて持ち込んだ背景は、ニュルブルクリンク24時間レースを舞台に過酷な極限テストを行ない、生きた道でライバルと戦いながらクルマを鍛えることにより、ここで生まれた問題や改善点を市販車開発へとフィードバックさせることこそが、「もっといいクルマ作り」の近道であると判断したからである。
サーキットではなく、「荒れた路面の峠道を、合法的に全開走行ができる場所」といった表現がしっくりくるニュルブルクリンク。ライバルに囲まれながらレースを極限状態で走れば、テストコースやフラットなサーキットでは現れなかったクルマの素性の差が、そのまま順位として露呈するのだ。

レースという限られた時間の中で、時にはその場で手作りの補強を行うなど、智恵を絞りながら、通常の市販車開発の何倍も速いスピードで課題解決とその結果を目の当たりにし、いいクルマづくりの答えを各々が見つけ、クルマをつくる人が成長し、クルマも育っていくのである。

LFAのチーフエンジニア・棚橋晴彦は、「ニュル24時間レースに参戦したレースカーに乗ると、ステアリングフィールがこれまでの開発車両と明らかに違いました。解析をすると曲げ剛性も違う。そこで開発車両にもフィードバックさせていきました。これはレースに出なければ解らなかったこと、まさにレースから学んだことです」と語っている。
事実この挑戦以降、LFAの性能は格段に向上していった。

ニュルブルクリンクの参戦で得た
経験やノウハウを活かし、
空力やボディ剛性を向上させた
2009年LF-A 開発車両

このLFAと同じくニュルブルクリンク24時間レースを通じて鍛えていったスポーツカーがTOYOTA 86である。
2011年11月の東京モーターショーでTOYOTA 86を正式発表した前月の10月、VLN(ニュルブルクリンク耐久選手権)第9戦のエントリーリストには、TOYOTA 86のコンセプトカーである「FT-86」の文字があった。

2011年VLNに参戦したFT-86
東京モーターショー2011で
市販モデルの正式発表を控えた
トヨタ86 プロトタイプ

クルマのバランスが理想的だった2014年参戦車両

『8割の走りでも確実に勝てる』クルマのバランスが理想的だった2014年参戦車両

“極限状態”の状況を試すことを目的とした参戦であり、マッドブラックのボディカラーに、唐草模様の偽装を行った開発車両然としたエクステリアではあるが、改造範囲はレースに最低限必要な安全装備をプラスしただけの、ほぼ素の状態でニュルブルクリンクのコースに挑んだ結果、4時間のレースはノントラブルで終えたものの、さらにTOYOTA 86をいいクルマにするための課題が明るみになり、翌年から2014年にかけてのニュルブルクリンク24時間レースの挑戦でのクルマづくりに繋がっていった。
2012年から3度ニュルブルクリンク24時間レースに挑戦し、2012年と2014年にクラス優勝を獲得したが、2011年から86のドライバーを務めた影山正彦選手は、「2回クラス優勝をしていますが、2012年と2014年のクラス優勝の意味合いは全く違います。2012年は『リタイヤか優勝か』と言う一か八かの勝負をした結果であったことに対し、2014年はクルマのバランスが理想的で、『8割の走りでも確実に勝てる』状況下でのクラス優勝であり、2011年から毎年積み上げてきた結果『理想のクルマ』に仕上がったことを証明しています」と86が鍛えられてきた成果を実感している。

2014年のレーシングカーは、走る、曲がる、止まる、のバランスに優れ、結果的にニュルブルクリンクを『安心』して『快適』に『速く』走ることができるクルマへと成長した。このクルマづくりの経験が、TOYOTA 86に何をすればさらにいいクルマになるのかの知見としてニュルブルクリンクの挑戦に携わった“人”に蓄積され、レーシングカーよりも様々な制約がある市販車においても、レーシングカーと同じ味を再現できるようになった。その成果が86 GRMNである。

ニュルブルクリンク24時間レースで
レーシングカーと同じ味を再現できるようになった。
その成果が86 GRMNである。

空力操安や冷却性向上に寄与するエアロパーツ、専用エンジン、剛性アップ、高性能タイヤなど、全てレーシングカー開発で培ったノウハウのフィードバックであり、レーシングカーと86 GRMNを乗り比べた影山正彦選手が「速くて、コントロールしやすく、懐が深く、快適で、ニュルブルクリンク24時間レースの86号車と同じ」とレーシングカーとの共通性を感じている。

86 GRMN 走行シーン

その86 GRMNを開発してきたメンバーの中に、ニュルブルクリンク24時間レースでチーフメカニックを経験した大阪晃宏がいる。
 TOYOTA 86の車両開発に関わり、ニュルブルクリンク24時間レース参戦を通じて86の理想的な姿を追求し、その市販車として86 GRMNを開発してきた経験をさらにノーマル車両に落とし込んだ86 KOUKIの開発にも関わっている。
 「ニュルのレースカーや86GRMNを開発したことで『リア周りをしっかりさせると絶対にいい』ことはデータ的にも解っていたので、KOUKIでは手を入れました。ボディが強いとチューニングの自由度も変わります。マイナーチェンジ前後を乗り比べると、タイヤが変わったと思うくらいの違いを感じると思いますが、これはボディとサスペンションのチューニングが進んだことで、4つのタイヤをより効率的に使えるようになった結果です。」と大阪が語るように、ニュルブルクリンク24時間レースを通じて人が鍛えられた結果が着実に形になっている。

そして86 KOUKIをベースに、86GRMN開発で得た知見やアイテムなどをフィードバックさせたモデルがGR 86である。
GR 86の走りの味付けを担当するのが、2007年からニュルブルクリンク24時間レースの挑戦に関わり続けている平田泰男である。
「ニュルをどれだけ安心して走れるかはレーシングカーも量産車も変わりません。なぜなら、楽しい・気持ちいい走りを実現するためには、まずは『安心して走れる』事が基本だからです。GR 86には86 GRMNの技術やノウハウをフィードバックさせていますが、GRMNよりもさらにお客様の幅が広がることから、ハンドリングと快適性のバランスにはさらにこだわっています。86 KOUKIなどGRのセットアップは、私が所属している凄腕技能養成部の評価ドライバーが味付けを行なっていますが、どのモデルも同じ方向を向いています。なぜなら、ニュル24時間のレーシングカー開発と、量産車開発は同じメンバーが関わっていること、そして、皆がニュル24時間での経験をしているため『いいクルマには何が必要か?』を共有できているからなのです」

2007年から10年を超える人とクルマを鍛える挑戦は、GRとして形に現れている。
しかし、いいクルマづくりに終わりはない。
さらにいいクルマづくりを追い求め、ニュルブルクリンクに挑戦しつづけるのである。