OVER DRIVE MEETS GAZOO

映画の舞台になっている
ラリーってどんな競技?

映画の中で架空のラリー大会として描かれたSEIKOカップラリーシリーズ、新田真剣佑さん演じているスピカレーシングファクトリーの天才ドライバー・檜山直純が熾烈な争いを繰り広げます。

市販車をベースとした競技車両が、先の見えない山道や曲がりくねった道路を全開で駆け抜ける、それが「ラリー」です。ラリーは公道(主に林道)で行われ、いくつかの競技区間(SS)を1台ずつタイムアタックし、その合計タイムで勝敗を争います。ドライバーの横にはコ・ドライバーと呼ばれるナビゲーターが乗り込み、道路状態を記したペースノートの読み上げや道先案内を行います。

新田真剣佑さん演じるドライバーがタイムを縮めるために思いっきりアクセルを踏み込めるのは、コ・ドライバーや東出昌大さん演じるメカニック等チームへの信頼があってこそです。ゆえに、ラリー競技では毎戦、たくさんのドラマが生まれます。トヨタは今年もTOYOTA GAZOO RacingチームとしてWRC(世界ラリー選手権)と全日本ラリーに参戦しています。

©TOYOTA MOTOR CORPORATION.
©2018 「OVER DRIVE」 製作委員会
All Rights Reserved.