2020 Rd.6SUZUKA

SUPER GT 2020年 第6戦 鈴鹿

    K-tunes RC F GT3 96号車がポールポジションを獲得も、決勝5位フィニッシュ

    GT300 予選/決勝

    K-tunes RC F GT3 96号車がポールポジションを獲得も、決勝5位フィニッシュ

     SUPER GT第6戦「FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE」が10月24日(土)、25日(日)の両日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されました。
     全8戦で争われる今季のSUPER GTも今大会を入れて残り3戦。最終戦はノーハンデ、そのひとつ前の第7戦は獲得ポイント×1kgのウェイトハンデとなるため、今大会がポイント×3kgでの最後の戦い。シーズンで最も重いハンデを負ってのレースとなります。
     外国人ドライバーの来日制限のため、これまで日本人ドライバーにより参戦していたGT300クラスのarto RC F GT3 35号車は、今大会よりレギュラードライバーのショーン・ウォーキンショーと、WEC及びル・マン24時間などの参戦経験も持つマティアス・ベッシェがドライブすることとなりました。

    予選

     24日(土)は気持ちの良い秋晴れとなり、午後2時、気温20度、路面温度28度というコンディションでノックアウト方式の予選が開始されました。

     参加台数の多いGT300クラスのQ1は、2グループに分けて実施されました。チームランキングの奇数順位から選ばれたA組では、K-tunes RC F GT3 96号車を駆るベテラン新田守男がトップタイムをマーク。同じくベテランが気を吐いたTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 30号車は織戸学のアタックで2番手につけ、共にQ2進出を果たしました。

     arto RC F GT3 35号車は今大会、SUPER GTのデビュー戦ということで注目を集めたマティアス・ベッシェがQ1でアタックを担当。一時5番手につけていたものの、その後タイムを更新してきたライバル勢に上回られ、11番手でQ1敗退。また、このA組に入っていた、たかのこの湯 RC F GT3 244号車は午前中の公式練習走行中にクラッシュを喫し、その修復が間に合わず予選出走は叶いませんでした。

     チームランキング偶数順位のB組では、途中コース上に止まった車両により一旦セッションは赤旗中断。残り8分で再開されると、中山友貴の駆るTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 31号車がトップタイム。開幕戦でデビューウィンを飾り、その後も速さを見せて99kgものウェイトハンデを負う埼玉トヨペットGB GR Supra GT 52号車は川合孝汰が3番手タイム。吉本大樹がアタックしたSYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車も4番手につけ、3台全車がQ2進出を果たしました。

     Q2では、Q1トップタイムの96号車を駆る若き阪口晴南がその勢いのままに、唯一1分55秒台に入れる快走でポールポジションを獲得。阪口にとってSUPER GTで初のポールポジション獲得となりました。

     31号車は嵯峨のアタックで8番手。52号車が10番手、60号車は13番手、30号車が15番手グリッドを獲得しました。

    ポールポジションを獲得したK-tunes RC F GT3 96号車(新田 守男/阪口 晴南)
    ポールポジションを獲得したK-tunes RC F GT3 96号車(新田 守男/阪口 晴南)

    予選アタックに向け調整を進めるSYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車(吉本 大樹/河野 駿佑)
    予選アタックに向け調整を進めるSYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車(吉本 大樹/河野 駿佑)
    決勝

     25日(日)は雲一つ無い快晴となり、気温20度、路面温度31度という絶好のレースコンディションで午後1時に52周で争われる決勝レースのスタートが切られました。

     ポールポジションからスタートした新田の96号車が序盤は首位を守ったものの、8周目あたりからペースが落ち、じりじりと後退。早めのピット作戦で阪口晴南へとドライバーチェンジしました。

     22周目、8位を走行していた52号車がS字コーナーでコースオフしタイヤバリアへとクラッシュ。まもなく自力でコースへと復帰しましたが、このアクシデントによりセーフティカーが導入されました。

     この時点で、2台のプリウスPHVと35号車がピットインしておらず、セーフティカーが退去しピットロードがオープンすると同時にピットイン。全車がピットを終えたところで、96号車が6位へと浮上。96号車の阪口晴南は30周目に前車をかわし5位へ上がると、そのポジションを守り切って5位でチェッカーを受けました。

     60号車が14位、不運なセーフティカータイミングに泣いた31号車は18位、35号車が19位、30号車が20位でレースを終えました。なお、244号車は練習走行でクラッシュした車両の修復ならず、決勝は欠場となりました。

    K-tunes RC F GT3 96号車(新田 守男/阪口 晴南)が5位でフィニッシュしポイントを獲得
    K-tunes RC F GT3 96号車(新田 守男/阪口 晴南)が5位でフィニッシュしポイントを獲得

    SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車(吉本 大樹/河野 駿佑)
    SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車(吉本 大樹/河野 駿佑)

    SUPER GT 2020年 第6戦 鈴鹿 決勝結果:GT300
    順位No.車名ドライバー周回ベストラップ所要時間/差タイヤウエイト
    121Hitotsuyama Audi R8 LMS
    Audi R8 LMS / DAR
    川端 伸太朗
    近藤 翼
    492'00.6361:46'42.854YH27
    26ADVICS muta MC86
    TOYOTA 86 MC / GTA V8
    阪口 良平
    小高 一斗
    492'00.0402.605BS24
    34グッドスマイル 初音ミク AMG
    Mercedes AMG GT3 / M159
    谷口 信輝
    片岡 龍也
    492'00.6463.246YH30
    45マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号
    TOYOTA 86 MC / GTA V8
    坂口 夏月
    平木 湧也
    492'01.21315.935YH33
    596K-tunes RC F GT3
    LEXUS RC F GT3 / 2UR-GSE
    新田 守男
    阪口 晴南
    491'59.59723.486DL24
    687T-DASH ランボルギーニ GT3
    Lamborghini HURACAN GT3 / DGF
    高橋 翼
    山田 真之亮
    492'01.55630.334YH
    755ARTA NSX GT3
    Honda NSX GT3 / JNC1
    高木 真一
    大湯 都史樹
    492'01.78338.398BS100
    87Studie BMW M6
    BMW M6 GT3 / P63B44
    荒 聖治
    山口 智英
    492'01.43441.854YH6
    925HOPPYPorsche
    PORSCHE 911 GT3 R / MA186
    松井 孝允
    佐藤 公哉
    492'01.82849.688YH9
    1065LEON PYRAMID AMG
    Mercedes AMG GT3 / M159
    蒲生 尚弥
    菅波 冬悟
    492'02.51653.941BS100
    112シンティアム・アップル・ロータス
    LOTUS EVORA MC / GTA V8
    加藤 寛規
    柳田 真孝
    492'01.6471'06.983YH93
    1261SUBARU BRZ R&D SPORT
    SUBARU BRZ GT300 / EJ20
    井口 卓人
    山内 英輝
    491'59.5891'09.284DL100
    1388JLOC ランボルギーニ GT3
    Lamborghini HURACAN GT3 / DGF
    小暮 卓史
    元嶋 佑弥
    492'01.1941'09.803YH60
    1460SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
    LEXUS RC F GT3 / 2UR-GSE
    吉本 大樹
    河野 駿佑
    492'01.3231'10.276MI
    1511GAINER TANAX GT-R
    NISSAN GT-R NISMO GT3 / VR38DETT
    平中 克幸
    安田 裕信
    492'00.3911'10.369DL100
    1656リアライズ 日産自動車大学校 GT-R
    NISSAN GT-R NISMO GT3 / VR38DETT
    藤波 清斗
    ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
    492'00.2011'11.120YH100
    17360RUNUP RIVAUX GT-R
    NISSAN GT-R NISMO GT3 / VR38DETT
    青木 孝行
    大滝 拓也
    492'00.5781'20.136YH3
    1831TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
    TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV / 2UR-G
    嵯峨 宏紀
    中山 友貴
    492'00.5901'24.790BS33
    1935arto RC F GT3
    LEXUS RC F GT3 / 2UR-GSE
    ショーン・ウォーキンショー
    マティアス・ベッシェ
    492'01.1591'40.052YH
    2030TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
    TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV / 2UR-G
    永井 宏明
    織戸 学
    482'01.0951 LapYH
    2110TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R
    NISSAN GT-R NISMO GT3 / VR38DETT
    星野 一樹
    石川 京侍
    482'00.6951 LapYH39
    2233エヴァRT初号機 X Works R8
    Audi R8 LMS / DAR
    ショウン・トン
    佐々木 孝太
    482'00.7091 LapYH
    2350ARNAGE AMG GT3
    Mercedes AMG GT3 / M159
    加納 政樹
    安岡 秀徒
    482'01.7421 LapYH
    249PACIFIC NAC D'station Vantage GT3
    Aston Martin Vantage AMR GT3 / 16A
    藤井 誠暢
    ケイ・コッツォリーノ
    482'00.0411 LapMI6
    2548植毛ケーズフロンティア GT-R
    NISSAN GT-R NISMO GT3 / VR38DETT
    田中 優暉
    柴田 優作
    482'01.7921 LapYH
    2622アールキューズ AMG GT3
    Mercedes AMG GT3 / M159
    和田 久
    城内 政樹
    482'03.1961 LapYH
    2734Modulo KENWOOD NSX GT3
    Honda NSX GT3 / JNC1
    道上 龍
    ジェイク・パーソンズ
    482'00.5531 LapYH24
    52埼玉トヨペットGB GR Supra GT
    TOYOTA GR Supra / 2UR-G
    吉田 広樹
    川合 孝汰
    242'01.50525 LapsBS99
    18UPGARAGE NSX GT3
    Honda NSX GT3 / JNC1
    小林 崇志
    松浦 孝亮
    32'00.41346 LapsYH45