RACING CAR

レース車両解説

燃料規制に挑戦すべく改良されたTS050 HYBRID
ル・マン24時間レースでの勝利を目指す

2018年仕様のTS050 HYBRIDは、最大1000馬力を誇るハイブリッド・パワートレーンの信頼性の向上と、更なる燃料規制に挑戦すべく改良されましたが、それ以外の部分は3連勝でシーズンを締めくくった2017年仕様と大きな変化はありません。

今季はあらゆる部品を一から徹底的に見直し、ボルトの一本にいたるまで、全てのコンポーネントに対して目を光らせ信頼性の向上を目指しました。

一番大きな変更点は、冷却系を含む電池システムの軽量化です。
TS050 HYBRIDの電池は約300kWというプリウスの10倍以上(参考:プリウスは30kW程度)の出力が出せる電池のため、発熱量も少なくありません。電池は電極自体が熱くなるため、電解液やセルの材質にまで踏み込んで開発を行いました。その結果電池の耐熱性が上がり、冷却システムが簡素化できましたので、水冷冷却装置を含めた電池システム全体の軽量化を行いました。

新たな技術規則では、同じLMP1クラスのライバルとなるノン・ハイブリッド車両には、1周あたり約69%多いエネルギー量(最大燃料量)が与えられます。 ル・マン24時間レースのサーキットの1周(13.6km)あたりでは、LMP1クラスのノン・ハイブリッド車両が、最大210.9MJのエネルギー量(約5.2kg/周の燃料量)になるのに対し、TS050 HYBRIDは、最大124.9MJ(約3.1kg/周の燃料量)となります。

また、エンジンに供給できる最大瞬時燃料流量は、TS050 HYBRIDが毎秒22.8g(毎時80.2kg相当)になるのに対し、LMP1ノン・ハイブリッドのライバルは毎秒30.5g(毎時110kg相当)。車両重量は、ハイブリッド車両に対しライバルは、45kg軽量となります。

これだけの制限を受けて戦うTS050 HYBRIDは、言い換えるとその高い技術力を物語る証とも言えます。

TOYOTA GAZOO Racingはこのチャレンジングな条件を肯定的に捉え、レースの現場という極限の条件下で、ハイブリッド・パワートレーンの更なる効率と性能を追求し、トヨタの「もっといいクルマづくり」というミッションに貢献していきます。

主要諸元

型式LMP1-H(ル・マン プロトタイプ 1 - ハイブリッド)
車体構造カーボンファイバー構造
ウインドスクリーンポリカーボネイト製
ギヤボックス横置きシーケンシャル6速
ギヤボックスケーシングアルミニウム製
ドライブシャフトCVジョイント式ドライブシャフト
クラッチマルチディスク
ディファレンシャルヴィスカス機械ロック式
サスペンションプッシュロッド式独立懸架ダブルウイッシュボーン(前/後)
スプリングトーションバー
アンチロールバー前/後
ステアリング油圧式パワーステアリング
ブレーキキャリパー2系統油圧式ブレーキシステム、モノブロック軽合金キャリパー(前/後)
ブレーキディスクベンチレーテッド・カーボンディスク(前/後)
ホイールレイズ製マグネシウム鍛造ホイール
フロントホイール13 x 18インチ
リアホイール13 x 18インチ
タイヤミシュラン
フロントタイヤ31/71-18
リアタイヤ31/71-18
全長4650mm
全幅1900mm
全高1050mm
燃料積載量35.2 Kg
パワートレーントヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)
エンジンV型6気筒直噴ツインターボチャージャー
エンジン排気量2400cc
エンジン出力367kW/500PS
燃料ガソリン
バルブ数4/シリンダー
ハイブリッドパワー前輪モーター+後輪モーター:367kW/500PS
パワーユニット最高出力735kW/1000PS(エンジン+ハイブリッドモーター)
蓄電装置ハイパワー型リチウムイオン電池
前輪ハイブリッドモーターアイシンAW製
後輪ハイブリッドモーターデンソー製

FACEBOOK PAGE