TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2019
第2戦 富士スピードウェイ 大会情報

2019年シーズンの新たなフォーマット
1大会2ヒートで競われる富士スピードウェイラウンド

 3月23日(土)~24日(日)に亘って実施された鈴鹿サーキットラウンドで2019年シーズンのスタートが切られたTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race。
 初戦の大会情報でもお伝えしたが今シーズンは、クラブマンシリーズが「エキスパートクラス」と「オープンクラス」の2クラスへ移行したことや、8大会中5大会で2ヒート制を用いるなど大幅な変革を行なった。これにより、より幅広いエントラントがひとつの大会で多くのレースを楽しめるようになっている。来場者にとっても観戦できる機会が増えることで、より魅力的になっているはずだ。
 開幕戦はスーパー耐久との併催だったために従来通りの1大会1ヒートとなっていたが、今回の富士スピードウェイラウンドは2ヒート制で競われることになる。タイムスケジュールを確認すると、4月20日(土)に「プロフェッショナルシリーズ」「クラブマンシリーズのエキスパートクラス・オープンクラス」の予選を、4月21日(日)にはそれぞれ2回づつの決勝ヒートが行われる。21日には併催されるNetz Cup Vitz Raceでも2つの決勝レースが行なわれるので、丸一日ワンメイクマシンの激しいレースが見られる。

開幕戦を優勝で飾った♯206松本武士選手。第2戦での注目の的だ
開幕戦を優勝で飾った♯206松本武士選手。第2戦での注目の的だ

 さて開幕戦を振り返ると、プロフェッショナルシリーズは、予選でトップ10に入ったドライバーがコースレードを更新する激しいタイムアタック合戦が繰り広げられた。決勝レースは2番手からスタートした♯206松本武士選手が、迫る後続を振り切って初優勝を飾った。エキスパートクラスも予選の上位10台が従来のコースレコードを上回るタイムをマーク。決勝レースは♯305水野大選手がポールトゥウィンでこちらも初優勝。初開催となったオープンクラスは♯759湯川祐太朗選手が優勝し、初戦の栄冠を手にした。3クラスともにコースレコードを更新する予選となり、決勝レースでは3名の初優勝ドライバーが現われた。

開幕戦を優勝で飾った♯206松本武士選手。第2戦での注目の的だ
開幕戦を優勝で飾った♯206松本武士選手。第2戦での注目の的だ
2クラス制となったクラブマンのエキスパートクラス。初優勝は♯305水野大選手(写真右)
2クラス制となったクラブマンのエキスパートクラス。初優勝は♯305水野大選手(写真右)

 第2戦のエントリーリストは現時点で暫定となるが、オープンクラスが51台、エキスパートクラスが38台、プロフェッショナルシリーズが34台の計123台となっている。
 前述の通りで、今大会では1大会2ヒート制で競われる。予選から決勝の2ヒートを通して使用できるタイヤは4本に限られている。開幕戦の決勝レースを見る限りでは、タイヤメーカーによって使用するコンパウンドが異なることから、決勝の1ヒートが得意なメーカーと、2ヒートまで性能を維持しそうなメーカーと別れている。どのメーカーのタイヤを履いているかも勝負の分かれ目となるかもしれない。

2クラス制となったクラブマンのエキスパートクラス。初優勝は♯305水野大選手(写真右)
2クラス制となったクラブマンのエキスパートクラス。初優勝は♯305水野大選手(写真右)
クラブマンはオープンクラスの導入で近いレベル同士で競い合えるようになった
クラブマンはオープンクラスの導入で近いレベル同士で競い合えるようになった

 2ヒート制の場合は1ヒート、2ヒートともにポイントが与えられるが、それぞれのヒートを完走することがポイント付与の条件となる。すなわち、1ヒートで優勝しても2ヒートでリタイヤするとポイントが加算されないのだ。2ヒート制の場合は、1ヒートと2ヒートで優勝すると合わせて30ポイント、加えてポールポジションとファステストラップにも1ポイントが与えられるので、最大で33ポイントが獲得できることになる。

クラブマンはオープンクラスの導入で近いレベル同士で競い合えるようになった
クラブマンはオープンクラスの導入で近いレベル同士で競い合えるようになった
プロ34台、クラブマンEX38台、クラブマンOP51台。総勢123台が富士スピードウェイに集結する
プロ34台、クラブマンEX38台、クラブマンOP51台。総勢123台が富士スピードウェイに集結する

 プロフェッショナルシリーズは、開幕戦を欠場していた♯34佐々木雅弘選手と♯121蒲生尚弥選手がエントリー。ともに表彰台を狙える実力を持っているドライバーなので、より混戦となることは必至だ。一方、クラブマンシリーズのエキスパートクラス、オープンクラスではともに開幕戦で上位に入ったドライバーはエントリーしている。富士スピードウェイを得意としたスポット参戦ドライバーもいるので、予選から白熱したタイムアタックが見られるだろう。

プロ34台、クラブマンEX38台、クラブマンOP51台。総勢123台が富士スピードウェイに集結する
プロ34台、クラブマンEX38台、クラブマンOP51台。総勢123台が富士スピードウェイに集結する

 1大会2ヒート制で、どのような争いになるか楽しみなTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceの第2戦は、4月20日(土)に予選、21日(日)に決勝1ヒート、2ヒートが開催される。

大会基本情報

日程:
4月20日(土)~21日(日)
開催サーキット:
富士スピードウェイ
住所:
静岡県駿東郡小山町中日向694
1周距離:
4.563km
コース幅:
15~25m
コースレコード:
2'03"263 近藤翼
周回数:
10
ヒート距離:
45.630Km
ヒート制:
2ヒート
最大決勝出走台数:
45台

コース図

富士スピードウェイ コース図

OYAMA TODAY

loading...
12
°C
Current
mm
wether_tempHi
°C
wether_tempLo
°C

過去の結果

プロフェッショナルシリーズ

年度 優勝者 優勝タイム FL記録者 FLタイム PP記録者 PPタイム
2018 佐々木雅弘 21'16.933 佐々木雅弘 2'06.748 服部尚貴 2'05.177 リザルト

クラブマンシリーズ

年度 優勝者 優勝タイム FL記録者 FLタイム PP記録者 PPタイム
2018 庄司雄磨 21'23.738 庄司雄磨 2'07.509 庄司雄磨 2'06.892 リザルト

FL:ファステストラップ、 PP:ポールポジション

TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceをテレビで観戦!

全戦の模様が、CSのスポーツチャンネルJ SPORTS 3の番組「MOTOR GAMES TV」にて放映決定!レースの模様から裏側まで、観戦がもっと楽しくなる情報をお伝えします。

>J SPORTS(MOTOR GAMES TV)はこちら
第2戦 富士スピードウェイ 放送スケジュール
1ヒート 5月13日(月)21:00~21:30
2ヒート 5月20日(月)21:00~21:30(*放送後にはTOYOTA GAZOO Racing WEBサイトにて番組動画を公開する予定です。)

LINK

  • GR 86
    86 GR/86 GRS