CAR LINEUP

Supra

初披露

SUPER GT 2020
Concept Model

GR Supra
SUPER GT CONCEPT

RELEASE

TOYOTA GAZOO Racingは、SUPER GT GT500クラスにスープラで参戦することを発表しました。レクサスLCでの参戦は2019年シーズンで終了し、同年前半に発売を予定しているスープラで2020年のシーズンを戦います。
新型スープラは米国で14日から始まるデトロイトモーターショーにて世界初披露される予定で、TOYOTA GAZOO Racingはレーシングカーについても昨年3月に「GR Supra Racing Concept」を公開するなど、新型スープラをベースに開発を進めてきました。
国内レースにおいてスープラは、SUPER GTの前身である全日本GT選手権(JGTC)から12年間に渡って参戦し、4度のシリーズチャンピオンを獲得しました。その間、記憶に残る幾多の戦いを繰り広げ、今でも語り継がれるクルマとして、ファンの皆様に愛され続けています。
そんなファンの皆様の期待に応えるために、スープラの復活に合わせて再びSUPER GT GT500クラスに参戦することにいたしました。
スープラのSUPER GT参戦復活を待ち望んで頂いているファンの皆様と新たな伝説を共有できるよう、努力してまいります。

MOTOR SPORTS MOTOR SPORTS MOTOR SPORTS MOTOR SPORTS

Japan Touring Car
Championship 1990

Japan GT Championship
2001

Japan GT Championship
2002

TOKACHI 24hour Race 2007

FUJITSU TEN
TOM'S Supra

au CERUMO Supra

ESSO Ultraflo
Supra

DENSO SARD
Supra HV-R

1990年全日本ツーリングカー選手権参戦車両。A70スープラとして参戦最終年となった。

2001年全日本GT選手権参戦車両。竹内浩典/立川祐路組がドライバーズチャンピオンを獲得。

2002年全日本GT選手権参戦車両。脇阪寿一/飯田章組がドライバーズチャンピオンを獲得。

2007年第14回十勝24時間レース参戦車両。準国際格式のレースにおいてハイブリッド車が総合優勝を果たしたのは世界初。

MOTOR SPORTS

Japan Touring Car
Championship 1990

FUJITSU TEN
TOM'S Supra

1990年全日本ツーリングカー選手権参戦車両。A70スープラとして参戦最終年となった。

MOTOR SPORTS

Japan GT Championship
2001

au CERUMO Supra

2001年全日本GT選手権参戦車両。竹内浩典/立川祐路組がドライバーズチャンピオンを獲得。

MOTOR SPORTS

Japan GT Championship
2002

ESSO Ultraflo
Supra

2002年全日本GT選手権参戦車両。脇阪寿一/飯田章組がドライバーズチャンピオンを獲得。

MOTOR SPORTS

TOKACHI 24hour Race 2007

DENSO SARD
Supra HV-R

2007年第14回十勝24時間レース参戦車両。準国際格式のレースにおいてハイブリッド車が総合優勝を果たしたのは世界初。

GRMN / GR SPORTS

初披露

Road Car

MARK X GRMN

TOYOTAは、マークX“GRMN”※1を、3月11日より全国のGR Garage(GRガレージ)※2を通じて発売し、注文受付を本日1月11日より*3開始しました。メーカー希望小売価格は513万円*4で、成約順に350台の限定販売となります。
マークX“GRMN”は、TOYOTA GAZOO Racingが手がけるスポーツカーシリーズ「GR」の頂点に立つ数量限定モデルです。2015年に限定100台で発売し、クルマファンから高い評価を得た初代から、約3年の歳月を経て進化したマークX“GRMN” の2代目が誕生しました。『FRセダンのマニュアル車』ならではの走りを期待するお客様に応えるべく、350RDSをベースに、6速マニュアルトランスミッションとV6 3.5L自然吸気エンジンを組み合わせることで、FRスポーツならではのパフォーマンスを追求しました。
※1,架装車両のため、持ち込み登録となります。
※2,全国のGRガレージについてはこちら

RELEASE

駆動方式
後輪駆動方式(FR)
トランスミッション
専用6速マニュアルトランスミッション
排気量
3.456cc
出力
234kw(318PS)/ 6,400r.p.m.
トルク
380N・m(38.7kgf・m)/ 4,800r.p.m.
その他
2GR-FSE

初披露

Road Car

COPEN GR SPORTS CONCEPT

GR

Road Car

CENTURY GRMN

GROBAL MORTOR SPORTS

GROBAL
MORTOR SPORTS

MOTOR SPORTS

FIA World Endurance Championship
2018-2019
Rd.2 24 Hours of Le Mans Winner

TS050 HYBRID #8

2018年WEC(世界耐久レース選手権)参戦モデル。ル・マン24時間レースなど過酷な環境でハイブリッド技術を鍛え、ここでの知見がいいクルマづくりにフィードバックされる。
2018年WEC ル・マン24時間レース優勝車両
2018年WEC 第1戦 スパ優勝

WEC

トランスミッション
横置きシーケンシャル6速
排気量
2,400cc
出力
パワーユニット最高出力:735kW(1,000PS)
(エンジン+ハイブリッドモーター)
その他
トヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)、V型6気筒直噴ツインターボチャージャー

MOTOR SPORTS

FIA World Rally Championship 2018
2018年参戦モデル

ヤリス WRC(レプリカ)

トヨタが19年ぶりにマニュファクチャラーズタイトルを獲得する原動力となったヤリスWRCの2018年参戦モデル(レプリカ)。TOKYO AUTO SALON 2019後に始まる2019年シーズンはタイトル防衛に加え、ドライバーズタイトル獲得も目指す。
2018年参戦モデルは、2018年WRCアルゼンチン、フィンランド、ドイツ、トルコ、オーストラリアで優勝。 TOYOTA GAZOO Racingはマニュファクチャラーズチャンピオンに輝く。

WRC

トランスミッション
油圧式6速シフト
排気量
1,600cc
出力
380PS以上
トルク
425N・m以上
その他
直列4気筒直噴ターボエンジン

MOTOR SPORTS

Nürburgring 24 Hours Race 2019
2019年参戦車両

LEXUS LC 2019 NUR24h

2019年6月の第47回ニュルブルクリンク24時間耐久レース(正式名称ADAC Zurich 24h-Rennen、以下ニュル24時間レース)に、2018年に引き続き、LEXUS LCで参戦。将来スポーツカーなどの市販車に活かすための技術を先行投入、「人を鍛え、クルマを鍛える」活動の実践を通じ、「もっといいクルマづくり」を追求。

RELEASE

Nürburgring 24 Hours Race

その他
2UR-GSE改
TOKYO AUTO SALON 2019