ニュルブルクリンクへの挑戦 2018

Pushing the limits for Better

TOYOTA GAZOO Racingの使命は、
「もっといいクルマづくり」への挑戦である。
モータースポーツという極限の状況で
新しい技術や方法を追求し、自らを革新しつづけられるか。
クルマを鍛え、人を鍛える。
その挑戦のなかで学ぶものは大きいはずだ。
道と語り、人を鍛える。
それはやがてTOYOTAのDNAとなる。
TOYOTA GAZOO Racingは、
クルマがくれる走る歓びを
すべてのひとにもたらすために、走る。

終わりなきクルマづくりの挑戦

何故TOYOTA GAZOO Racing はニュルブルクリンク24時間レースに挑み続けるのか?何故24時間の耐久レースでなくてはならないのか?それは、レースという極限な環境でしかできないクルマづくりがあるからである。

“走れば走るほど怖い”
別名「グリーン・ヘル」

プロドライバーですら恐怖を感じるニュルブルクリンク。「グリーン・ヘル(緑の地獄)」とも言われるドイツ北西部にある1周約20Kmのサーキット。ここでしか得られない経験があるから挑戦する。

LFA、86、そしてGR
その進化の過程

2007年から10年を超える人とクルマを鍛える挑戦は、GRとして形に現れている。しかし、いいクルマづくりに終わりはない。さらにいいクルマづくりを追い求め、ニュルブルクリンクに挑戦しつづけるのである。

2018年 LCで挑む新たな挑戦

Lexus LC

エンジン型式
2UR-GSE改
タイヤサイズ
Fr:300/680R18 Rr:330/40R18
駆動方式
2WD (後輪駆動方式)
トランスミッション
パドルシフト式シーケンシャルMT

Vol.1 国内テスト

2018年1月12日、東京オートサロン2018で行った、2018年ニュルブルクリンク24時間レース参戦車両と体制発表の裏で、クルマづくりは着々と進められていた。

Vol.2 VLN

2月末に日本でのテストを終えたマシンは海を渡り、ドイツ・ニュルブルクリンクへクルマづくりのステージが移った。

Vol.3 24H

「GAZOO Racingの原点らしいレース。」
ニュルブルクリンク24時間レース決勝を終えたあと、 GAZOO Racing Company President 友山茂樹が語った言葉が今回の挑戦を物語っていた。

TEAM

  • TAKESHI TSUCHIYA 土屋 武士
    TAKESHI TSUCHIYA
    土屋 武士
  • TAKESHI TSUCHIYA 土屋 武士
    TAKAMITSU MATSUI
    松井 孝允
  • TAKESHI TSUCHIYA 土屋 武士
    NAOYA GAMO
    蒲生 尚弥
  • TAKESHI TSUCHIYA 土屋 武士
    YUICHI NAKAYAMA
    中山 雄一
  • TAKESHI TSUCHIYA 土屋 武士
    MECHANIC
    チーフメカニック関谷 利之、メカニックメンバー トヨタ自動車社員(凄腕技能養成部)
  • TAKESHI TSUCHIYA 土屋 武士
    ENGINEER
    エンジニア・リーダー緒方 和良、エンジニアメンバー トヨタ自動車社員