GR Supra Racing Concept

スイス・ジュネーブで3月8日(木)から18日(日)に開催される
第88回ジュネーブ国際モーターショー*1において、「GR Supra Racing Concept」を世界初公開。

「スープラ*2」 は「2000GT」などと並び、トヨタの歴史において長らくフラグシップスポーツとして親しまれてきたが、
2002年に生産を中止。
今回初公開した「GR Supra Racing Concept」は、
「スープラ」を16年ぶりにレーシングカーとして蘇らせたコンセプトモデル。

「GR Supra Racing Concept」は、TOYOTA GAZOO Racingが手がけるスポーツカーシリーズ「GR」のスタディモデルとして、よりエモーショナルでお客様をワクワクさせるスポーツカーを表現するため、往年の「スープラ」をイメージしながら製作。

トヨタがグローバルで推進する「もっといいクルマづくり」の取り組みのもと、「トヨタ世界最高峰のFun to Driveを提供する新たなスポーツカー」を目指して、欧州のモータースポーツ活動拠点であるトヨタモータースポーツ有限会社(Toyota Motorsport GmbH)が開発を担当。

「ロングノーズ&ショートデッキ」の伝統的スポーツカーのフォルムをまとった「GR Supra Racing Concept」は、フロントエンジン・リヤドライブの2ドアクーペ。コンパクトなボディには、レースの最前線で使われる軽量かつ高剛性なカーボン・コンポジット材などを採用。左右に大きく張り出したフェンダーや大型リヤウィング、リヤディフューザーなどは、優れた空力性能と走行性能とを狙って開発。

サスペンション、ホイール、タイヤ、ブレーキなどは、レース専用部品を装備。インテリアも、後方確認モニターがついたダッシュボードやレーシングシートに加え、パドルシフト付きステアリングホイール、コラム、ペダル、ロールケージなど、各種レース用装備を組み込んでいる。

「The Sports of Toyota」として、四半世紀にわたり世界中のファンから愛され続けた「スープラ」は、モータースポーツの世界でも確かな足跡を残した。特に、1993年に発売された第4世代*3のスープラは、全日本GT選手権(現在のSUPER GT)のGT500クラスで4回の年間チャンピオンを獲得。1980年代にはアメリカのIMSAレース*4、1990年代にはル・マン24時間レースに参戦するなど、多くのファンを魅了した。
なお、「GR Supra Racing Concept」は、ゲームソフト「グランツーリスモSPORT 」*5に、2018年4月のアップデートで、新モデルとして追加される予定。

  • *1 正式名称:Le 88e Salon International de l'automobile Geneve 3月6日(火)・7日(水):プレスデー、8日(木)~18日(日):一般公開日。
  • *2 車名の由来:ラテン語で
    「超えて」「上に」などを意味する。
  • *3 国内では第3代目が初代にあたる。
  • *4 IMSA(International Motor Sports Association)は、米国の自動車レース統括団体。デイトナ24時間やセブリング12時間などのレースを長年主催している。
  • *5 株式会社ポリフォニー・デジタルが開発。PlayStation®4用のソフトウェア。
車両概要
全長 4,575mm
全幅 2,048mm
全高 1,230mm
駆動形式 FR
ホイールベース 2,470mm
タイヤサイズ フロント 30/68-18
リヤ 31/71-18
  • ■ FIA LM-GTE規定に対応

年表

1978
初代(A40/A50型)「Supra」北米で発売。
日本国内では「セリカXX」として販売
1981
第2世代(A60型)北米で発売。
日本国内では「セリカXX」として販売
1986
第3世代(A70型)世界各国で発売
1993
第4世代(A80型)発売
2002
生産中止

CONCEPT

  • GR Super Sport Concept

    東京オートサロンにて、FIA世界耐久選手権(WEC)で鍛えられたハイブリッド技術を生かしたGRスーパースポーツコンセプトを世界初公開。

  • GR Supra Racing Concept

    ジュネーブモーターショー2018においてGR Supra Racing Conceptを世界初公開。

  • TOYOTA SPORTS 800 CONCEPT

    50年前にレースで活躍した伝説のトヨタ・スポーツ800 レーシングが「TOYOTA SPORTS 800 GR CONCEPT」として復活。