クルマを一途に愛するオーナーのために・・・「GRヘリテージパーツ」

「思い出の詰まった愛車に乗り続けたい」というお客様の想いに応えたい。このような思いでTOYOTA GAZOO RacingはGRヘリテージパーツプロジェクトに取り組んでいます。 今後も皆様の笑顔の為に、サプライヤー様の協力の下より多くの部品の復刻をめざして努力してまいります。

復刻部品の品番や発売時期の詳細は、本ページにて随時公表してまいります。今後の展開にご注目ください。

TOYOTA GAZOO Racing楽天市場店をオープン

GRヘリテージパーツがオンラインでご購入いただけるようになりました。

ニュース

対象車種

■トヨタ2000GT(1967-1970)

ヤマハ発動機(株)の協力を得てトヨタ自動車が1967年に発売。発売前にはスピードトライアルに挑戦し、3つの国際記録を樹立。様々なレースでも優勝を含めた好成績を獲得した高性能スポーツカー。映画007シリーズ「007は二度死ぬ」のボンドカーにも採用された、当時トヨタが世界に誇ったスポーツカー。

■A70スープラ(1986-1993)

先代の「セリカXX」から「スープラ」に名前を変えたスペシャリティカー(海外では3代目)。エンジンは3リッター DOHCターボの7M-GTE型(230PS)を頂点に4種類の直列6気筒を設定。シャシーには「トヨタ2000GT」と同じく本格的な4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用。

■A80スープラ(1993-2002)

走行性能だけでなく、環境性能や安全性能も最大限に高めた新しいスポーツカーとして 開発された日本国内向けの2代目(海外では4代目)モデル。エンジンは名機と名高い2JZ-GTE/GE型(3000cc直列6気筒DOHC24バルブ)を搭載。RZグレードには、高性能で定評のあるドイツのゲトラグ社製の6速MTを採用。ル・マン24時間レースに参戦したほか、日本では、SUPER GTのGT500クラスに参戦。2002年に生産終了した後も2005年まで第一線で活躍した。

■AE86 カローラレビン・スプリンタートレノ(1983-1987)

「カローラ」「スプリンター」シリーズのスポーツ系モデル(5代目)。ボディータイプは2ドアノッチバッククーペと3ドアハッチバッククーペの2種類。名機と呼ばれる1.6リッターDOHC16バルブ(4A-GEU)を搭載したグレードのみがAE86の車両型式となる。90年代に人気漫画に取り上げられたことをきっかけに、生産終了後にも関わらず注目度が上昇。“ハチロク(車両型式AE86から)”の名で人気を博している。

■ランドクルーザー40(1960-1984)

1960年8月に発売した3代目で、通称「40系」。信頼性の高いクロスカントリー車として誕生。24年の長きに渡り販売され続けた超ロングセラーモデル。シリーズ中、多くのホイールベース、ボディータイプ、エンジン、トランスミッションを設定し幅広いお客様の要望にお応えした。北米においては1960年代前半まではトヨタの最量販車種。その高い耐久、信頼性から世界各国で今なお現役のものも多く、「ヨンマル」「フォーティー」などの愛称で親しまれ、多くのファンに愛され続けている。

発売見込み

■トヨタ2000GT
品目 オーダー開始日
クラッチディスク 22年10月以降
クラッチカバー 22年10月以降
ブレーキフレキシブルホース 22年10月以降
トランスミッションインプットシャフト 22年10月以降
トランスミッションアウトプットシャフト 22年10月以降
トランスミッションカウンターシャフト 22年10月以降
トランスミッションリバースギヤセット 22年10月以降
■A70 スープラ
品目 オーダー開始日
パーキングブレーキケーブル 22年7月以降
パワステホース 22年9月以降
リヤサスペンションアームブッシュ 23年2月以降
■AE86 カローラレビン・スプリンタートレノ
品目 オーダー開始日
デファレンシャルコンパニオンフランジ 22年7月以降
ファイナルギヤ&ピニオンギヤ(ギヤ比:4.3) 22年9月以降
■ランドクルーザー40
品目 オーダー開始日
ライセンスプレートランプ 22年7月以降
フロントターンシグナルランプ 22年7月以降
フロントエキゾーストパイプ 22年7月以降
センターエキゾーストパイプ 22年7月以降
ウインドシールドガラス 22年7月以降
コントロールノブ 22年7月以降
スタータ 22年7月以降
スタータブラシホルダ 22年7月以降
マグネットスタータスイッチ 22年7月以降
ライトコントロールスイッチノブ 22年7月以降
バックアップランプスイッチ 22年7月以降
トランスファインジケータスイッチ 22年7月以降
パーキングブレーキケーブル 22年7月以降
アクセルレータワイヤ 22年7月以降
フロントブレーキチューブ 22年7月以降
リヤブレーキチューブ 22年7月以降
シフトレバースプリングシート 22年7月以降
シフトレバースプリングシートキャップ 22年7月以降
メータドロッパ 22年7月以降
ウインドシールドウェザストリップ 22年7月以降
フロントドライブダストカバー 22年7月以降
ブレーキマスタシリンダ 22年7月以降
ディスクブレーキシリンダ 22年7月以降
リヤホイールブレーキシリンダ 22年7月以降
ステアリングリレーロッド 22年7月以降
ベーンポンプ 22年7月以降
インテークバルブ 22年7月以降
エキゾーストバルブ 22年7月以降
ベーンポンププーリ 22年11月以降

《注意事項》
※1:生産上の事情によりオーダー受付開始時期は変更となる可能性があります。

既に発売中の復刻部品一覧はコチラ

商品分類について

GRヘリテージパーツには「復刻部品」「代替部品」の2種類がございます。「ご紹介部品」は他社の部品をご紹介するもので、GRヘリテージパーツではございません。

復刻部品…当時の部品を復刻再生産したもの

復刻部品説明

~復刻部品ご購入のお客様へ~

  • ・通常の補給部品と比べて長納期となる場合があります。
  • ・当時の部品と一部仕様、工法等が異なる場合があります。
  • ・品番が変更となっている場合があります。

代替部品…現在供給中の部品が当時の部品と互換性があると確認できたため、当時の部品を代替したもの

代替部品説明

~代替部品ご購入のお客様へ~

  • ・当時の部品と互換性を有し、取り付け可能ですが、一部仕様、工法等が異なります。

ご紹介部品…他社の部品をご紹介するもの

復刻部品説明

~ご紹介部品をご購入のお客様へ~

  • ・商品に関すること(商品情報、製造、販売、品質保証ほか)は販売元企業へお問い合わせください。

復刻部品一覧

部品購入方法

GRヘリテージパーツは、下記店舗およびオンラインでご購入いただけます。在庫状況はお近くの店舗にてご確認ください。
※販売価格、保証期間、販売開始時期、取扱商品はオンラインでの購入の場合異なることがあります。
※ご紹介部品は下記店舗およびオンラインでの取り扱いはございません。購入方法は販売元企業へお問い合わせください。

復刻リクエスト

部品復刻のために
あなたの声をお聞かせください。

復刻パーツを生み出す原動力になります。
オンラインフォームからあなたの車両スペックとあわせて、必要な部品とその状況をお知らせください。
部品復刻の要望は集計され、次の復刻部品を選定する際の参考情報として活用されます。

《注意事項》
以下の点についてご了承いただいた上でご要望をお寄せください。

  • 1.お客様から頂いた要望に対して個別にお答えすることは出来かねます。
  • 2.ご要望いただいたすべての部品を復刻、発売できるわけではありません。

復刻リクエストフォームへ進む

協力企業