デトロイトモーターショーで
新型スープラを世界初披露
「GR」シリーズ初のグローバルモデル

米国東部時間1月14日、米国ミシガン州デトロイト市で開催中の北米国際自動車ショー*1(デトロイトモーターショー)において、GRスープラを世界初披露しました。日本での発売は2019年春頃を予定しています。
GRスープラは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初のグローバルモデルになります。2007年にドイツのニュルブルクリンク24時間耐久レースに初めて参戦*2してから現在まで、モータースポーツを通じて人とクルマを鍛える「もっといいクルマづくり」に取り組んできました。これまでの取り組みでTOYOTA GAZOO Racingが蓄積してきた知見やノウハウを注ぎ、お客様に心から走りを楽しんでもらえるクルマ『GR Supra』として新たに誕生しました。

マスターテストドライバーでもある豊田章男社長は、「ニュルブルクリンクでの運転訓練で長い時間を一緒に過ごしたスープラは、自分にとって『特別な旧友』のような存在です。当時、ニュルブルクリンクで他のメーカーが発売前のプロトタイプカーを走らせている中、私たちは、既に生産を終了した古いスープラでしか走ることができず、とても悔しい想いをいたしました。スープラ復活を待ち望んでいたのは世界中の多くのファンだけでなく、私も『スープラを復活させたい』という想いを密かに持ち続けていました。GRスープラは、ニュルブルクリンクで鍛えられ、生まれたクルマです。走る楽しさ以上の経験を提供できるクルマになったと、自信を持ってお伝えします」と語っています。

GRスープラは5代目にあたり、2002年に生産終了してから17年ぶりの復活となります。初代スープラ*3が1978年に誕生して以降、どの世代でも直列6気筒エンジンを積んだFR車であったことは共通しており、新型でもこの2つを継承しています。加えて今回、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現しています。

開発を担当したチーフエンジニアの多田哲哉は「走る楽しさを極めたピュアスポーツカーを追求しました。馬力やサーキットのラップタイムのような数値だけを追い求めるのではなく、いかにドライバーが車両と一体となって運転する楽しさを感じられるか、という感性性能を重視しています」と語りました。

  • *1 正式名称は「North American International Auto Show」1月14日(月)・15日(火):プレスデー、19日(土)~27日(日):一般公開日
  • *2 GAZOO Racingとして、2台の中古アルテッツァを改造して出場。ドライバーの半数は豊田社長をはじめとする社員、メカニックは全員社員という有志メンバーで構成されたチームだった
  • *3 日本ではセリカXX(ダブルエックス)として登場。国内における初代スープラ(1986年発売)は、グローバルで3代目にあたる

モリゾウが語る、旧友スープラ復活への想い

スープラ無しにマスタードライバーにはなれませんでした。
かつて私はマスタードライバーになる訓練でスープラに乗り、当時ニュルブルクリンクで師匠であった成瀬さんに運転を教わっていました。
皆が200キロ以上で走り抜けていくニュルの道は本当に怖かった。
ニュルは1周約10分... 10分後生きて戻って来られるのか?と思いながら走っていました。
当時、そのスープラは既に生産も販売も終了していましたが、他メーカーは2-3年後に世に出す未発表車で走っていました。我々トヨタだけが中古車で走っていたのです。
今、やっと旧友に会うことができました。長く会えなかった親友にやっと再会できた気持ちです。
我々は、GRスープラの“最後の味付け”をすべくニュルに戻ってきました。トヨタファンは皆スープラを待ってくれていると思います。
スープラのストーリーが今再び始まろうとしています。