それは、走るアンチテーゼ。一台の美意識。
ピュアスポーツ最後の官能。
トレンドよりアイデンティティを。
両立より一点突破を。効率よりエモーションを。
すべてに満点は求めない。
目指したのは究極の“走る愉しさ”。
ただそこに純粋に向かって。
受け継がれてきたフィロソフィー、
最先端のテクノロジーを両輪に。
これまでも、ここからも。
Supraは、自分の道を走ってゆく。