EQUIPMENT
SAFETY
SAFETY FOR PLEASURE

Toyota Supra Safety
走る愉しさを守る性能。

スープラが秘めた走りのポテンシャルを心ゆくままに引き出し、愉しむことができるのは、あらゆる状況で安心して運転ができるからこそ。先進のテクノロジーによる危険の予測、ドライバーへの注意喚起、周囲への配慮等々、日常の安全サポートから万一が起こった際の支援までを総合的に実現するToyota Supra Safety。

車線からのはみ出しを知らせる
レーンディパーチャーアラート
(ステアリング制御機能付)
LANE DEPARTURE ALERT

道路上の車線を単眼カメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ステアリングの振動で注意喚起。さらに電動パワーステアリングを制御し、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。

  • 車線逸脱警報。
  • ■本システムは自車速度約70km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
  • ■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
車線変更時の後方確認をアシストする
ブラインドスポットモニター/後方車両への接近警報
BLIND SPOT MONITOR

隣の車線を走る車両をレーダーで検知し、ドアミラー内のインジケーター点灯で注意を喚起。検知エリアに他の車両がいる状態でウインカー操作を行った場合にはインジケーターの点滅とステアリングの振動で危険を知らせます。さらに後方車両から衝突される可能性が高いと判断した場合、ハザードランプを点滅させて、後方車両に注意喚起する機能(後方車両への接近警報)も搭載しています。

  • ■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。
  • ■ブラインドスポットモニターは、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。
衝突回避を支援し、万一の時の被害軽減に貢献する
プリクラッシュセーフティ
(歩行者[昼]・自転車運転者[昼]検知機能付 衝突回避支援タイプ/ ミリ波レーダー+ 単眼カメラ方式)
PRE-CLASH SAFETY

前方の車両、歩行者、自転車運転者などをミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト、ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

  • ■プリクラッシュブレーキは、対車両は自車速度約5km/h以上から作動、対歩行者や対自転車運転者には自車速度約5〜65km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
  • ■プリクラッシュセーフティはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • ■数値は社内測定値。
前方車を眩惑することなく前方視界を確保する
アダプティブハイビームシステム
ADAPTIVE HIGH-BEAM SYSTEM

ハイビームで走行しながら上段3個・下段3個(片側)のLEDを個別に制御し、照射エリアと遮光エリアに細かく配光。対向車や先行車に直接ハイビームを当てないように部分的に遮光します。また、交差点への右左折進入時などに、歩行者や障害物の視認性を確保するコーナリングランプ機能も備えています。

  • ■ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
  • ■道路状況・車両状態および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。

Toyota Supra Safetyを安全にお使いいただく上での留意事項説明

  • ご使用になる際のお客さまへのお願い
  • ■運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、常に自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
  • ■各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。
  • ■ご使用の前には、あらかじめ取扱書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
  • ■お客様ご自身でプリクラッシュセーフティの作動テストを行わないでください。対象や状況によってはシステムが正常に作動せず、思わぬ事故につながるおそれがあります。
  • ■写真はすべてRZ。
  • ■写真は作動イメージです。
  • ■装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表をご覧ください。