ラリーツーリズム Rd.4 利府 | 2022 5/15(日) 宮城県宮城郡 利府町にて開催

ラリーツーリズム Rd.4 利府

2022 5/15(日) 宮城県宮城郡 利府町にて開催

ラリーツーリズムについて

ラリーは、一般の公道を使って行われるモータースポーツです。そのため、地元の自治体様とその地域にお住いの方々のご理解、ご協力のもとに運営がなされております。競技に参加される皆さま、あるいは観戦に訪れる皆さまには、ラリチャレを通じて、ぜひとも地域の魅力を再発見する機会としていただきたく、こちらのページには「会場周辺の観光」と「その土地のグルメ」の情報を掲載いたしております。参戦&観戦プランを計画される際には、是非ご活用ください。 また、イベント会場では、お子様にも楽しんでいただける、誰もが手軽に楽しくご参加いただけますアトラクションも出展しています。

TGRラリーチャレンジは「ラリーツーリズム」という新しい概念のもと、モータースポーツを通じて、地域を訪れる皆さま、地元の自治体様、ラリークラブの皆さま、販売店・企業の皆さまをつなげ地域を盛り上げる取り組みを進めてまいります。

風光明媚な大自然に抱かれた
共生都市
ようこそ利府町

開催地からのごあいさつ

利府町長 熊谷 大 利府町長 熊谷 大

このたび「TOYOTA GAZOO Racing Rally Challenge in 利府」が本町で開催されることを心から歓迎いたします。

本町は、2001年の「新世紀みやぎ国体」や2002年「FIFAワールドカップ」、さらに、昨年には「東京2020オリンピックサッカー競技大会」の会場地となり、宮城県内では「スポーツの町・利府町」のイメージが広く定着しております。
また、宮城県では県が推進する「富県宮城」において、トヨタ自動車東日本をはじめとする自動車関連企業が数多くあることから、自動車を“造る”だけではなく自動車で“遊ぶ”場所を本町が提供することにより、モータースポーツ文化の裾野を広げるとともに、「スポーツの町」としての更なる定着と情報発信、観光を通じた交流人口の拡大が図れればと考えております。

利府町は、宮城県のほぼ中央に位置し、西部地区には宮城県総合運動公園や県民の森、加瀬沼公園が、また、東部地区には日本三景の一角をなす表松島の海があり、四季折々の季節を感じることができる観光地も数多くございますので、本大会を機に、これからも利府町に足を運んでいただければ幸いと存じます。

本大会に参加される選手及びチーム関係者の皆様には、最高のパフォーマンスを発揮いただくとともに、ご来場の皆様もモータースポーツを楽しんでいただけることを願っております。

結びとなりますが、本大会を開催されるにあたりご尽力を賜りました関係者の皆様に深く敬意を表しますとともに、大会の成功をご祈念申し上げ、挨拶とさせていただきます。

大会名誉会長
利府町長 熊谷 大

ラウンドの魅力

チーム・プロクルーズ チーム・プロクルーズ

本年が初開催となる利府ラウンドは、ラリーチャレンジとして福島・弘前での開催以来、数年ぶりの東北地方での開催となります。
熊谷町長が掲げるモータースポーツでの町おこしを少しでもサポートできるように主催クラブとして微力ながらご協力をさせていただきます。

利府町はラリーチャレンジを開催している自治体の中でも面積が小さい町ということもあり、コースセッティングについては苦労しましたが、自治体や地元の皆様のご協力のもと、開催にこぎつけることが出来ました。

昨年、宮城県で35年ぶりのラリーを開催された「利府ラリー2021」の関係者の皆様にも協力いただき、ラリーとして参加者の方々に楽しんでいただけるコースとなったかと思います。
これもひとえにご協力いただきました各関係者の皆さまのお力添えのおかげと深く感謝しております。

本ラウンドの特色としては、林道も走行しつつリエゾンで海も臨める、「ラリー競技」としても「観光」としても非常に魅力的なラウンドとなっております。

まずは初開催!
大会の成功に向け主催クラブとして全力で取り組みます。
選手の皆さまも安全に十分留意して競技を、また観光としてもTOYOTA GAZOO Racing Rally Challenge ㏌ 利府をお楽しみください。

JAF加盟クラブ 
チーム・プロクルーズ(T-PROCREWS)

ラリーチャレンジ観戦ツアーについて

本大会に向けて、ラリーと地域の魅力をより感じる『特別体験付き観戦・観光ツアー』を ご用意しました。詳細は下記チラシをご覧ください。お申込みお待ちしております。
【申込締切:4月26日(火)】

GR86のTVCMでも活躍中の
プロドライバー佐々木雅弘選手との同乗体験も!

開催地周辺の注目スポット
by TOYOTA GAZOO Racing

山と海、おいしい食べ物と心のこもったおもてなしの町、
利府の注目のスポットをご案内します。

表松島の絶景~長年の波の浸食によってできた天然の桟橋である「馬の背(うまのせ)」~

天然の桟橋 「馬の背」
追い込み漁体験の様子

表松島、利府の海に突き出たその姿はまさに「天然の桟橋」。
利府を訪れたなら必ず立ち寄るべき、全国でもなかなか見ることのできない景勝地。これはもう「馬の背」というよりも「首長竜の背中」です!

仙台から国道45号線を松島方面へ、仙石線陸前浜田駅を過ぎて「ホテル浦嶋荘前」の交差点を右折し道なりに進むと、だんだんと表松島が見えてきます。
景色を楽しみながら車で奥へ奥へと進むと右手下に「馬の背」が出現!馬の背の入口から先端までは片側が絶壁の林を徒歩で進んでゆきます。
馬の背の全貌が見晴らせる場所まで出た後で、両サイドに広がる海に滑って落ちたらもう這い上がるのは至難の業!慎重に足を進めましょう。

馬の背からは表松島の島々、箕輪島、兜島、在城島、鎧島、笄島などの絶景が目の前に広がります。また、馬の背の右手には馬の背より一回り小さい、通称「子馬」もあり、「馬の背」の全貌を横目に眺めることができます。
馬の背までの経路には「浜田洞窟遺跡」「瑞鳳ヶ丘」などもありドライブにも最適!

「松島や、ああ松島や、松島や」 うそかまことか、松尾芭蕉が松島を訪れた際、あまりの美しさに言葉が浮かばずこう詠むしかなかったという逸話が残されていますが、馬の背を踏破された際には貴方も一句、詠んでみてはいかがでしょう?

ラリチャレ2022 in 利府では、馬の背付近をラリー車が走行する予定です。

松島湾 馬の背
住所:宮城県宮城郡利府町赤沼櫃ケ沢

番ヶ森(ばんがもり)公園~山頂から宮城の名所を一望!~

番ヶ森公園からの眺望
子どもと一緒にチャレンジしやすい、
ゆるやかなトレッキングコース

利府町で最も高い「番ヶ森山」がある番ヶ森公園は、利府町と大郷町にまたがる自然豊かな癒やしスポットです。

番ヶ森山は標高261mと比較的低く、ハイキング初心者にも人気のコース。近隣の小学生が遠足で登ることもあるそうで、大人の足なら20~30分で頂上までたどり着けます。「運転はお手の物だけど体を動かすのはちょっと・・・」と腰が引ける方も、せっかくの機会にぜひ登頂にチャレンジしてみませんか?

ゆるやかな山道を登りきると、頂上には展望台が。松島湾や仙台港、太平洋に向かって南東に突き出た牡鹿半島のほか、栗駒山などの自然を360度見渡すことのできる絶景スポットです。

番ヶ森公園
住所:宮城県宮城郡利府町赤沼番ケ森
料金:無料
定休日:なし

TMEJトヨタ自動車東日本株式会社 本社・宮城大衡工場~トヨタ「第3の拠点」~

自動車産業の発展を通じて東北に希望を伝えたい~という想い

「ヤリスクロス」「シエンタ」「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」、はたまた「JPN TAXI」など、クルマファンでなくとも普段から馴染みのある“コンパクトカーづくり”において、高い技能と技術力をもった“専門集団”を擁するトヨタグループの一大生産工場が、なんとここ!利府町から車で30分ぐらいの場所、黒川郡大衡村にあります。

CO2の排出量削減が地球規模の課題となっている中、“コンパクトカー”は、まさにトヨタ自動車が掲げる“サステナビリティ”をけん引するカテゴリー。トヨタ自動車東日本の従業員のみなさんは、「ものづくりを通じて、豊かな社会づくりに貢献する」、このトヨタ創業以来の理念のもと、東北を基盤に地域と一体になりながら、東北から全国へ、そして世界へ自信を持って発信できる“もっといいコンパクトカーづくり”に日々取り組まれています。

なお、こちらの宮城大衡工場、現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来工見学が中止とされておりますが、学校など団体単位での“リモート見学”が可能となっております。
晴れて状況が収まり、来工見学が再開された際にはぜひとも実際に足をお運びいただければと思います。

トヨタ自動車東日本株式会社 宮城大衡工場
住所:宮城県黒川郡大衡村中央平1番地
URL:https://www.toyota-ej.co.jp/process/kengaku.html

開催地周辺のおみやげ
by TOYOTA GAZOO Racing

ラリーチャレンジを満喫した後は、開催地のおみやげをゲット!
自分用だけではなく、贈り物にもふさわしい品を集めました。

TGRチーム イチ押し!

利府の梨~明治17年より伝承!利府といえば利府梨〜

利府梨
梨ドーナツほか利府梨のお菓子
利府梨カレー

約150年前に本町に150本の梨の木を植えたことが始まりで、その後、品種改良等によって利府町随一の特産品となっています。

代表格となる品種としては「長十郎」や「あきづき」で、その他に「幸水」、「豊水」、「二十世紀」、「新高」、「早生赤」等、様々な種類の梨が盛んに栽培されています。

あいにく梨の収穫シーズンは秋(9月~10月)がメインとなりますため、ラリチャレの開催時期とは異なりますが、利府梨を使用した関連商品はホントに豊富!

焼き肉のタレ、梨カレー、梨ジュースやワインやお菓子など、梨を素材としたあらゆる商品が開発されています。

利府でリフレッシュ!ぜひお土産にどうぞ。

果実の収穫シーズンは9月上旬から10月中旬まで 
※収穫時期・販売時期は天候により変わります。
利府梨のページ(利府観光協会)
http://www.rifukankoukyoukai.com/rifunasi.html

松島湾の海産物〜新鮮な海の幸をその場で堪能!〜

カキやわかめ、海苔など、ドライブしながらお土産ゲット

松島湾に面する利府町は、海産物の宝庫でもあります。ドライブルートに、わかめや海苔の販売所があり、おみやげに最適です。

利府町には二つの漁港があり、それぞれ特徴が異なります。「浜田漁港」はカキ養殖(SK式蓄養)中心。浜田カキ生産組合の「かき焼き処」では、獲れたてのカキを並べて、煙が立ち込める中で豪快に焼いていきます。濃厚でミルキーな口あたり、ぷりぷりの歯ざわりは、地元で味わえるからこそ!直売所では、新鮮なむき身も販売しています。

もうひとつの「須賀漁港」は、わかめ養殖中心。漁港ではわかめや海苔の販売はありませんが、海産物収穫祭で直売会が行われます。近くには、松島湾で獲れた海産物を提供する食事処もあるので、ランチに訪れてみては。

どちらの漁港も、松島湾のおだやかな波のおかげか、のどかな港町の風景が広がります。日常の喧騒を忘れて利府の海岸沿いを走れば、良いリフレッシュとなるに違いありません。

利府の海産物のページ(NPO法人利府町観光協会)
http://www.rifukankoukyoukai.com/umi.html

 

利府のはちみつ〜貴重なニホンミツバチから採取〜

とろりと濃厚で芳醇な香り。まずはそのまま食べてみて!

利府の特産品のひとつである「はちみつ」は、ニホンミツバチから採取されています。ニホンミツバチは春から秋まであらゆる花の蜜を集ることから別名「百花蜜」ともいわれ、芳醇な香りと甘みが特徴です。

実は、量産されているはちみつの多くは、世界中で養殖されているセイヨウミツバチから作られます。在来種のニホンミツバチは体が小さく、採取量が少ないため、作れるはちみつの量が限られます。

利府町では「日本みつばち八里の会」が発足され、ニホンミツバチの飼育方法を継承。丹精込めて育てたニホンミツバチから作られた「利府のはちみつ」は、150gで1,600円と良心的な価格帯です。

紅茶にスプーン一杯入れてもおいしいですし、フレンチトーストやパンケーキにもぴったり。梅仕事を迎えるこれからのシーズンに、南高梅のはちみつ漬けもおすすめです。
ぜひラリチャレ利府ご来場の際のお土産に!

日本みつばち八里の会
https://hachirinokai.wixsite.com/rifu
利府の特産品紹介のページ (NPO法人利府町観光協会)
http://www.rifukankoukyoukai.com/jibasanpin.html

おすすめコース
by TOYOTA GAZOO Racing

日曜日(大会当日)日帰り観戦コース 日曜日(大会当日)日帰り観戦コース

利府町内 TGRラリーチャレンジ

子どもから大人まで楽しめるイベントを開催予定。

各種イベント

この日は、利府町文化交流センター「リフノス」内のイベント会場(TGRP)にて、一日中お楽しみいただける多彩な催しを、盛りだくさんご用意いたしておりますので、こちらでお過ごしくださいませ。

≪ご注意≫
イベント内容は一部変更になる可能性がございます。
また、新型コロナウイルスの感染状況によっては中止となる場合がございます。
会場へのアクセスを含めたイベント詳細は、TOYOTA GAZOO Racing PARKホームページにて今後公開いたしますので、そちらをご確認ください。

TOYOTA GAZOO Racing PARKホームページ:
https://toyotagazooracing.com/jp/tgrp/

土曜日(大会前日)大会前日の土曜日にたっぷり観光 お泊り観戦コース 土曜日(大会前日)大会前日の土曜日にたっぷり観光 お泊り観戦コース

【重要なお知らせ】
当ページ掲載の施設ほかにつきましては、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休業や、時間を短縮で営業している場合もございます。詳細はあらかじめ各施設のホームページなどでご確認ください。
また、ご旅行の際には、その時点での新型コロナの状況をふまえてきただき、マスク着用や手洗いの徹底など、新しい旅のエチケット、ガイドラインをお守りください。
何卒ご理解くださいますよう、お願い申し上げます。