ラリーツーリズム Rd.10 高岡 万葉 | 2022 10/9(日)富山県 高岡市にて開催

ラリーツーリズム Rd.10 高岡 万葉

2022 10/9(日)富山県 高岡市にて開催

ラリーツーリズムについて

ラリーは、一般の公道を使って行われるモータースポーツです。そのため、地元の自治体様とその地域にお住いの方々のご理解、ご協力のもとに運営がなされております。競技に参加される皆さま、あるいは観戦に訪れる皆さまには、ラリチャレを通じて、ぜひとも地域の魅力を再発見する機会としていただきたく、こちらのページには「会場周辺の観光」と「その土地のグルメ」の情報を掲載いたしております。参戦&観戦プランを計画される際には、是非ご活用ください。 また、イベント会場では、お子様にも楽しんでいただける、誰もが手軽に楽しくご参加いただけますアトラクションも出展しています。

TGRラリーチャレンジは「ラリーツーリズム」という新しい概念のもと、モータースポーツを通じて、地域を訪れる皆さま、地元の自治体様、ラリークラブの皆さま、販売店・企業の皆さまをつなげ地域を盛り上げる取り組みを進めてまいります。

万葉のふるさと 歴史と文化の街
ようこそ高岡市

開催地からのごあいさつ

高岡市長 角田 悠紀 高岡市長 角田 悠紀

TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジ 2022 in 高岡万葉の開催にあたり、一言ご挨拶を申し上げます。
高岡市で第9回目の開催となったことを大変うれしく思います。これもひとえに、トヨタ自動車様をはじめ、関係者の皆さまのご尽力の賜物であり、深く敬意を表しますともに、厚くお礼を申し上げます。

高岡市の歴史は古く、天平の時代から伏木の地に越中国府が置かれ、万葉の歌人・大伴家持が越中国守として赴任し、風光明媚な雨晴海岸や二上山などに感銘を受けて多くの秀歌を詠んでいます。元号の「令和」はその大伴家持が編纂した万葉集から引用されております。ラリーに参加されるチームの皆さまには、「万葉ゆかりの高岡」の豊かな自然を満喫していただきたいと思います。
また、高岡市は慶長14年(1609)、加賀藩前田家二代当主前田利長によって高岡城が築かれ、高岡のまちが開かれており、以来400年にわたり高岡銅器や高岡漆器など「ものづくりの技と心」を脈々と受け継いでおります。
さらには、高岡御車山祭など歴史的祭礼や伝統的な町並み・建造物など、「高岡らしい」風情や情緒が色濃く残っており、国宝「瑞龍寺」や重要文化財「勝興寺」、重要伝統的建造物群保存地区の「山町筋」「金屋町」「吉久」など、見どころがたくさんあります。

ご来場の皆さまには、高岡市の魅力に触れながらこの大会を楽しんでいただきたいと思います。 結びに、TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジ 2022 in 高岡万葉の成功と関係の皆さまのご健勝・ご多幸を祈念して挨拶とさせていただきます。

高岡市長 角田 悠紀

ラウンドの魅力

JAF加盟クラブ モータースポーツチームPUMA(PUMA)代表 増川 智 JAF加盟クラブ モータースポーツチームPUMA(PUMA)代表 増川 智

TGRラリーチャレンジ in 高岡万葉は、前身のTRDラリーチャレンジが2010年に富山県で初めて開催され、その後2014年から高岡市にステージを移し今年で9回目(富山開催は12年連続)となりラリーチャレンジの中でも伝統のラリー競技会です。
メインコースである国定公園の万葉ラインは地元のランナーや登山に人気ルートになっており、自治体や地元の皆様のご協力のもとに実現し、クルマにも人にも優しく安全面に配慮したコースとなっております。ルート上には富山湾と立山連峰が眺められる絶景ポイントも多数あり、リエゾン中でも秋の日本海と高岡をご堪能いただけます。
また、林道コースは初心者も上級者も楽しめるテクニカルなコースとなっており最後まで気の抜けない緊張感あるラリーを楽しんでいただけます。高岡の観光資源を堪能いただきながら走行するリエゾン区間には、TOYOTA GAZOO Racing PARK を「応援ポイント」に設定させていただいております。会場のラリーファン、モータースポーツファンと一緒にTGRラリーチャレンジ in 高岡万葉の雰囲気を感じながら盛り上げていただければと思っています。

チーム一同、出場されるエントラントの皆様が楽しく、また挑戦し甲斐のあるコースとなるよう今後も準備を進めてまいります。

出場される選手の皆様が本ラウンドで存分に実力を発揮することができ、高岡市での2日間が充実したものとなるよう、今年も開催に向けて全力を注いで参ります。

皆様のエントリーを一同、心よりお待ち申し上げます。

JAF加盟クラブ 
モータースポーツチームPUMA(PUMA)

代表 増川 智

開催地周辺の注目スポット
by TOYOTA GAZOO Racing

国宝 高岡山瑞龍寺をはじめ、お出かけにぴったりな観光地やおすすめグルメの注目スポットをご案内します。

TGRチーム イチ押し!

国宝 高岡山瑞龍寺
(こうこうざんずいりゅうじ)~富山が誇る、唯一にして随一の国宝~

トイレの神様も祀られている!?

能越自動車道 高岡インターを降りて車で約10分のところにある瑞龍寺は、加賀藩二代目藩主である前田利長公を弔うため、三代目藩主の前田利常によって建立された、曹洞宗の仏教寺院です。この「瑞龍寺」という名称は、利長公の法名「瑞龍院」に由来します。

この壮大な寺院の建立には、約20年の歳月を要したとされています。この寺院の建屋のうち、山門・仏殿・法堂の3棟が、近世禅宗様建築の代表作として、国宝に指定されています。
1997年(平成9年)に富山県として初めて国宝に指定され、今もなお、県下唯一の国宝として美しく佇んでいます。

またこの瑞龍寺には、東司(とうす)の守護神(トイレの神様)として、烏瑟沙摩明王(うすさまみょうおう)が祀られています。瑞龍寺では、このトイレの神様のお札や御朱印を受けることが出来るそうです。お札を目線よりも高い位置に貼り、トイレをきれいにしておくと、病気平癒・安産成就・子孫繁栄等のご利益がもたらされるとされています。(トイレの神様という歌もありましたが、トイレを常にきれいにしておくと、良いことがあるのは本当のようですね!筆者も頑張って毎日掃除します…笑;)

この荘厳で美しい「国宝 瑞龍寺」、ぜひ参拝いただき、加賀百万石の歴史を感じるとともにご利益を授かってみてはいかがでしょうか?

国宝 高岡山瑞龍寺
住所:富山県高岡市関本町35
拝観時間
通常:9:00~16:30閉門
冬季(12/10~1/31):9:00~16:00閉門
※閉門30分前までに入場要
拝観料
大人:500円
中高生:200円
小学生:100円
TEL:0766-22-0179
URL:https://www.zuiryuji.jp/

国定公園 雨晴海岸~立山連峰を望む万葉ゆかりの景勝地~

「あまはらし」と読みます

初見で「あまはらし」と読めましたか?筆者はというと、「うせい?うぜい?あめはれ?」と全く読めませんでした(涙)
さて、この雨晴海岸は高岡市の北部、富山湾沿いに位置しています。
奈良時代の歌人、大伴家持はこの雨晴海岸の風景をこよなく愛し、歌も多く詠みました。万葉集では、「渋谿(しぶたに)」と読まれています。
また江戸時代の名俳人、松尾芭蕉もこの雨晴の景色を『おくのほそ道 』で詠んでいます。

雨晴海岸は、錚々たる歌人・俳人に愛されただけでなく、「日本の渚百選」や「日本の海水浴場88選」にも選ばれ、天候に恵まれれば3,000m級の立山連峰の山々を望むことが出来る、いわゆる“映えスポット”になっています。ドライブで車窓からの風景を楽しみつつ、「道の駅 雨晴」に立ち寄り、コーヒー片手に素晴らしい景色を眺めて一服するのもいいですね♪

国定公園 雨晴海岸
住所:富山県高岡市太田雨晴
入園:無料
TEL:0766-20-1547(高岡市観光協会)
URL:https://www.takaoka.or.jp/viewpoint/archives/524

道の駅 雨晴
住所:富山県高岡市太田24番地74

営業時間:9:00~18:00(年中無休)
入場料:無料
TEL:0766-53-5661
URL:https://michinoeki-amaharashi.jp/

高岡万葉まつり~万葉ロマンを感じて~

ラリチャレと同日に開催!万葉集全20巻朗唱の会

日本最古の歌集『万葉集』の代表的な歌人である大伴家持は、越中国守(現在の富山県)として在任中、数多くの歌を詠み、万葉集に残しました。万葉集に掲載されている家持の歌は473首あり、そのうち高岡で詠んだ歌は223首もあることから、高岡市は「万葉ゆかりの地」とされています。

高岡市では、「万葉のふるさとづくり」と称して、家持が愛し詠んだ自然風景を守りながら、万葉をテーマにしたイベントを開催しています。その一つがこの「高岡万葉まつり」です。
このお祭りは、高岡古城公園内の濠に設置された水上舞台等で、三昼夜かけて万葉集を朗唱するというものです。なんと2,000人を超える人々が、万葉集全20巻4,516首を歌い継ぐという壮大なイベントとなっております!今年度は、日中は公園内の水上舞台で歌が朗唱され、夜間は事前に応募された方々の朗唱動画が配信されます。

この高岡万葉まつりは、ラリチャレ高岡万葉大会と同じ週末に開催されますので、ラリチャレをご見学される前にぜひ高岡古城公園にお立ち寄り頂き、奈良時代にタイムスリップしたような、この「万葉ゆかりの地」でしか味わえない万葉ロマンを感じてみてはいかがでしょうか?

※新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、イベントが中止・変更される場合がございます。

高岡万葉まつり
会場:高岡古城公園水上舞台
開催日時:
10/7(金)11:00~17:00(会場での朗唱)、17:30~翌8:00(動画配信)
10/8(土)8:30~17:00(会場での朗唱)、17:30~翌8:00(動画配信)
10/9(日)8:30~18:00(会場での朗唱)

高岡古城公園
住所:富山県高岡市古城1-9
入園料:無料
営業時間:24時間入園可
TEL:0766-20-1563
URL:http://www.kojyo.sakura.ne.jp/

開催地周辺のグルメとおみやげ
by TOYOTA GAZOO Racing

ラリーチャレンジを満喫した後は、開催地のおみやげをゲット!
自分用だけではなく、贈り物にもふさわしい品を集めました。

TGRチーム イチ押し!

カレーうどん~大会オーガナイザーや高岡市出身のTGRメンバーもイチオシの激ウマグルメ!~

カレーうどん
シメはカレーライスで!
せっかく高岡に来たのなら・・・

某テレビ番組ではないですが、今大会の主催者や弊社の高岡市出身メンバーも強くオススメする、地元で大人気のお店をご紹介します。

高岡市民病院のすぐ脇にある、「吉宗」という老舗店のカレーうどん。これが絶品なんです!地元の方曰く、「カレーうどん以外を頼んでいる人を見たことが無い」というくらいの人気ぶり。

お蕎麦屋さんによくありがちなダシの効いたカレーではなく、ご飯に合うような濃厚なカレーがコシのある麺によく絡み、中にはホロホロに煮込まれたかしわ(鶏肉)がゴロゴロ。非常に食べ応えがあります。常連の方はネギや生卵をトッピングしたり、一通りうどんを楽しんだ後、仕上げにご飯を追加してカレーライスでシメたりするようです。筆者、この原稿を書いているだけでヨダレが止まりません(笑)

せっかく高岡来たがなら、「吉宗のカレーうどん」食べてかれ!

吉宗
住所:富山県高岡市宝町7-4
営業時間:
(平日)11:00~15:30 / 17:00~20:30
(土日祝)11:00~20:30
定休日:月曜日・第1火曜日
席数:64席
TEL:0766-24-1767
URL:https://www.takaoka.or.jp/food/archives/842

お刺身・お寿司~天然のいけすから水揚げされた“きときと”な魚介たち~

すし処 鳴海
寿司・割烹 栄寿し
淡いピンク色に輝く「富山湾の宝石」

高岡市を訪れた際の外せないグルメは、やはり何といっても「お寿司」でしょう。「天然のいけす」と呼ばれる富山湾で水揚げされた魚介類は、まさに新鮮そのもの!表題の“きときと”という言葉は、「新鮮な」という意味を表す富山弁です。

高岡市北部に面している富山湾といえば、ホタルイカや寒ブリが有名ですが、10月のラリチャレ開催時期はどちらも旬ではないようです・・・。ただ、がっかりすることなかれ。「富山湾の宝石」と称される白エビは、4月~11月という限られた時期にしか漁が出来ず、なおかつ漁ができるほど獲れるのは世界でも富山湾のみという非常に希少価値の高いものです。また白エビは非常に鮮度が落ちやすいため、一般の市場に出回っているものは、基本的に一度冷凍されたものばかり。“生”の白エビを味わえるのは、産地に来てこそ。ねっとりとした甘みのある白エビをぜひご堪能下さい。

その他にも、アオリイカや紅ズワイガニがこの時期に旬を迎えており、まさに食べごろ。ぜひ、天然のいけすから水揚げされた“きときと”な魚介に舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。
以下、オススメの店舗情報です。

すし処 鳴海
住所:富山県高岡市京田545-1
営業時間:12:00~21:30(L.O. 21:00)
定休日:水曜日
席数:24席
TEL:0766-73-2930
URL:https://www.takaoka.or.jp/food/archives/711

寿司・割烹 栄寿し
住所:富山県高岡市六家25-2
営業時間:11:00~14:00 / 17:00~22:00
定休日:月曜日
席数:50席
TEL:0766-31-1059
URL:https://www.takaoka.or.jp/food/archives/727

高岡コロッケ~高岡が誇るB級グルメ~

コロッケ
店舗外観
日本でも有数のコロッケタウン

日本でも指折りのコロッケ消費量を誇る街、高岡市。このことから、町おこしの一環として始まったのがこの「高岡コロッケ」です。コロッケの中身はお店によって異なるようですが、今回は地元イチオシ、昭和42年創業の老舗精肉店「丸長精肉店」のコロッケをご紹介します。

昭和風情溢れる懐かしい佇まいの丸長精肉店。ここのコロッケはジャガイモがメインのコロッケで、素材の旨味を生かすため味付けは砂糖と塩のみ、かつ添加物不使用。豪快に一口かぶりつけば、外はサクサク、中はホクホク、ジャガイモの風味が口いっぱいに広がります。注文してから揚げて頂けるので、いつ訪れてもアツアツサクサクのコロッケが味わえます。

コロッケ以外にも、串揚げやハムカツ等が超リーズナブルな価格で楽しめます。「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー(高岡市美術館内)」のすぐ近くのこのお店。その前後で立ち寄って食べ歩きなんていいですね。ただし、食べ歩きにはもってこいのお手軽グルメではありますが、あまりのウマさと安さにつき、食べ過ぎにはご注意を!

※日曜定休のため、ラリチャレ当日は営業しておりませんので、ご注意下さい。

丸長精肉店
住所:富山県高岡市あわら町13-31
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日
TEL:0766-23-1070
URL:https://www.takaoka.or.jp/food/archives/882

おすすめモデルコース
by TOYOTA GAZOO Racing

日曜日(大会当日)日帰り観戦コース 日曜日(大会当日)日帰り観戦コース

日本総合リサイクル(株)敷地内 TGRラリーチャレンジ

子どもから大人まで楽しめるイベントを開催予定。

各種イベント

この日は、日本総合リサイクル(株)敷地内のイベント会場(TGRP)にて、一日中お楽しみいただける多彩な催しを、盛りだくさんご用意いたしておりますので、こちらでお過ごしくださいませ。

≪ご注意≫
イベント内容は一部変更になる可能性がございます。
また、新型コロナウイルスの感染状況によっては中止となる場合がございます。
会場へのアクセスを含めたイベント詳細は、TOYOTA GAZOO Racing PARKホームページにて今後公開いたしますので、そちらをご確認ください。

TOYOTA GAZOO Racing PARKホームページ:
https://toyotagazooracing.com/jp/tgrp/

土曜日(大会前日)大会前日の土曜日にたっぷり観光 お泊り観戦コース 土曜日(大会前日)大会前日の土曜日にたっぷり観光 お泊り観戦コース

【重要なお知らせ】
当ページ掲載の施設ほかにつきましては、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休業や、時間を短縮で営業している場合もございます。詳細はあらかじめ各施設のホームページなどでご確認ください。
また、ご旅行の際には、その時点での新型コロナの状況をふまえてきただき、マスク着用や手洗いの徹底など、新しい旅のエチケット、ガイドラインをお守りください。
何卒ご理解くださいますよう、お願い申し上げます。