HISTORY

そして、いまよみがえる

1988年にWRCに投入され、
WRCの歴史に名を刻んだラリーカー。
その名は、セリカGT-FOUR。
このトヨタのスポーツ4WDの原点に、
リスペクトを込めて。
2020年、トヨタ完全オリジナルスポーツ4WD
“GR-FOUR”がやってくる。

History from GT-FOUR to GR-FOUR

1986

フルタイム4WDスポーツ セリカGT-FOUR誕生

1988

セリカ GT-FOURがWRC グループAに参戦

1989

セリカ GT-FOURがWRC初優勝

WRC第10戦ラリー・オーストラリアにてユハ・カンクネンが初優勝。

1990

トヨタドライバーが初めてWRCドライバーズタイトルを獲得

カルロス・サインツが、トヨタドライバーとして
初のWRCドライバーズタイトルを獲得した。

1992

カルロス・サインツがトヨタで2度目のWRCドライバーズタイトルを獲得

1993

トヨタが初のWRCマニュファクチャラーズタイトルを獲得

11月にはユハ・カンクネンがトヨタで通算4度目のWRCチャンピオンを決める。
トヨタはドライバーとマニュファクチャラーのダブルタイトルを獲得した。

1994

トヨタが2年連続でWRCマニュファクチャラーズタイトルを獲得

11月にはオリオールのWRCチャンピオンが決定。
ディディエ・オリオールはトヨタで3人目のWRCチャンピオンに。

1999

トヨタ、WRC撤退

2017

トヨタがWRCに復帰。ヤリス WRCがデビュー

トミ・マキネンとともにヤリスWRCを開発。
デビュー2戦目のラリー・スウェーデンで早くも優勝。
ドライバーは、ヤリ- マティ・ラトバラ。

2018

WRCマニュファクチャラーズタイトルを獲得

最終戦ラリー・オーストラリアにてシーズン5回目の優勝を飾った。
トヨタとしてはWRC通算50勝目をあげ、19年ぶりのマニュファクチャラーのタイトルを獲得した。

2019

WRCドライバーズタイトル/コ・ドライバーズタイトルを獲得

最終戦を待たずしてラリー・スペインにて、トヨタの選手として25年ぶりに
オット・タナックがWRCチャンピオンを決める。

2020

GR-FOUR誕生