数字で見るル・マン24時間

世界三大レースの一つにも数えられる「ル・マン24時間」。その長い歴史と競技の過酷さゆえに、語り継がれる記録やストーリーを数多く生み、いつの時代もモータースポーツファンの心を掴みつづけてきた。
ここでは、ル・マン24時間をめぐる様々な数字を手がかりに、その存在感を改めて感じてみよう。

1923
第1回ル・マン24時間は1923年に開催

第1回ル・マン24時間は
1923年に開催

基本的に毎年1回の開催で、2021年で89回目の開催となるル・マン24時間。その第1回大会が催されたのは1923年のことで、決勝レースは5月26~27日に行われた。優勝したフランス車シュナール&ワルケールは雨に見舞われた24時間レースで2209kmを走破した。なお、1923年は和暦では大正12年であり、日本では関東大震災(9月1日)が発生している。

13.626
ル・マンの舞台 サルト・サーキットは1周13.626km

ル・マンの舞台
サルト・サーキットは
1周13.626km

ル・マン24時間が行われるサルト・サーキット(正式名称はル・マン24時間サーキット)は、普段は一般車両が行き交う公道をレース開催時だけ閉鎖して作り出されるレーシングコースで、コース全長は13.626kmもある。コースレコードは2017年大会の予選で小林可夢偉が操るTS050 HYBRIDがマークした3分14秒791。その平均速度は251.882km/hに至っている。

5410.71
レース走行距離の最長記録は5410.71km

レース走行距離の最長記録は
5410.71km

2010年大会でアウディ R15 TDIが5410.71kmを走って優勝したが、その後ル・マン24時間のレース走行距離最長記録は更新されていない。ル・マン決勝の走行距離にはクラッシュなどによるセーフティカー介入などが影響するため、車両性能の向上だけは最長走破記録を望めないのだ。ちなみにトヨタ車の最長記録は、2018年大会を制した中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/フェルナンド・アロンソ組のTS050 HYBRIDが走破した5286.36km。

36
24時間の決勝レースで36回のピットストップ

24時間の決勝レースで
36回のピットストップ

2020年大会を制したセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組のTS050 HYBRIDは24時間の決勝レース中に36回のピットストップを行った。その合計時間=停車時間は約52分にもなる。各ピットストップの所要時間を少しずつでも短くすることは、トータルで大きなマージンを生み出すことになるのだ。

24
ル・マン24時間は各年のおおよそ24週目に開催

ル・マン24時間は各年の
おおよそ24週目に開催

夏至が訪れる6月に決勝レースを行うのがル・マン24時間のお決まり。加えて、多くの場合はその年の24週目に開催されており、先の2019年大会もそうだった。しかし、新型コロナウイルス感染症が大きく影響した2020年大会は9月半ば、2021年大会は8月半ばという例外的な時期での開催に。

56

特別な参加者のための
56番目のピット

長年にわたってル・マン24時間ではピットガレージの数は55だった。そこに56番目のピットを加え、革新的な技術を備えた車両を走らせる特別なエントラントを迎えて、正式順位とは別にル・マン24時間に出走させるプロジェクトが2012年大会から行われてきている。そして2021年大会では、下半身に障害のあるドライバーで構成されたASSOCIATION SRT41がこの56番目のピットを使用。テスト走行中の事故により下半身不随となった元二輪世界GPライダーの青木拓磨選手が同チームから出場する。

3'14.791
ル・マン史上最速のラップタイム 3分14秒791

ル・マン史上最速の
ラップタイム 3分14秒791

ル・マン24時間の名物であった全長約6kmのユノディエール・ストレートは、途中2カ所にシケインが1990年に設けられ、そのため1985年大会の予選でポルシェ962Cが刻んだ3分14秒843が30年以上もコースレコードであり続けることになった。これをついに上回ったのがTS050 HYBRIDで、2017年大会の予選において小林可夢偉により3分14秒791をマーク。その後、ル・マンのトップカテゴリー車両には性能抑制措置が取られるようになったため、TS050 HYBRIDが叩き出したタイムはル・マン史上最速のラップタイムとして今後長く残るだろう。

405

30年以上前にマークされた
405km/hが最高速度記録

ル・マン24時間における史上最速の最高速度記録は、1988年大会の予選でWMプジョー P88が記録した405km/h。この年、サルト・サーキットの舗装が一新されたことで全般的にスピードが跳ね上がり、公式セッションで初となる最高速400km/h超えが達成された。その後、1990年にユノディエール・ストレートにシケインが2カ所設けられたことにより、30年以上前のものが今日まで破られることなく最高速度記録であり続けている。

19
単一自動車メーカーのル・マン最多勝数は19勝

単一自動車メーカーの
ル・マン最多勝数は19勝

これまでに88回開催されたル・マン24時間で、総合優勝を最も多く飾っている自動車メーカーはポルシェで19勝を数える。次に総合優勝回数が多いのはアウディで13勝。

9

ドライバーの最多勝記録は
クリステンセンの9勝

88回開催されたル・マン24時間で最も多く総合優勝を飾っているドライバーは、全日本GT選手権(現SUPER GT)をトヨタ・スープラGTで戦った経験も持つトム・クリステンセンで、通算18回のル・マン出場において9勝をマーク。勝率5割という驚異的な数字を残している。表彰台に上った回数もクリステンセンが最多で通算14回にのぼる。

22
史上最年少優勝記録はブルツの22歳

史上最年少優勝記録は
ブルツの22歳

ル・マン24時間の総合優勝を最も若く手にしたドライバーは、現在はTOYOTA GAZOO Racing WECチームのアドバイザーを務めているアレックス・ブルツ。2012~2015年に行われた4回のル・マンにTS030 HYBRID/TS040 HYBRIDを駆って挑んだ経験を持つ彼がこのレースで初優勝を飾ったのはTWRポルシェ WSC95で出場した1996年大会。22歳4カ月と1日で伝統の一戦の総合優勝という栄冠を勝ち取った。

1985
1985年、トヨタの公式車両がル・マンに初見参

1985年、トヨタの公式車両が
ル・マンに初見参

ル・マン24時間にトヨタの公式な車両が初めて参戦したのは1985年大会だった。2.1リッター4気筒ターボの4T-GT改エンジンを搭載したトヨタ・トムス85C-LというグループCカーが2台出場。エイエ・エルグ/ジェフ・リース/鈴木利男組はクラッチトラブルのためリタイアしたが、中嶋 悟/関谷正徳/星野 薫組は12位で完走を果たした。

2
1999年に日本人トリオで2位表彰台を獲得

1999年に日本人トリオで
2位表彰台を獲得

2018年大会で初の優勝を飾る以前、トヨタのル・マン24時間におけるベストリザルトは2位だった。それは1999年大会で残され、土屋圭市/片山右京/鈴木利男組がドライブしたTS020(別名TOYOTA GT-One)がレース終盤に左後輪のバーストに見舞われながらも2位でフィニッシュ。今日までも日本人トリオによるル・マン最上位記録であり続けている。

2012
トヨタのハイブリッド車による挑戦は2012年から

トヨタのハイブリッド車
による挑戦は2012年から

ル・マン24時間に初めて登場したハイブリッド車は、600馬力のガソリンエンジンと補助的な150馬力の電動モーターを搭載したパノス・エスペランテGTR-1 Q9。1998年大会に参戦したが、予備予選落ちを喫してル・マン本戦は走れなかった。それから14年後の2012年、ル・マンをシリーズの一戦としてスタートしたWEC(FIA世界耐久選手権)に「LMP1-H」というハイブリッド車のクラスが設けられ、ここにトヨタとアウディがエントリー。トヨタはTS030 HYBRIDで参戦し、現在のGR010 HYBRIDへと続く道が拓かれた。

1000
TS040 HYBRIDで最高出力1000馬力に到達

TS040 HYBRIDで
最高出力1000馬力に到達

グループC規定の車両がル・マン24時間の覇を競い合った時代には、過給圧を上げた予選仕様で1000馬力を発生させていたエンジンもあったと言われる。トヨタは2014年のレギュレーション変更に対応して投入したTS040 HYBRIDで、標準仕様でも最高出力1000馬力のレベルに到達した。3.7リッター自然吸気エンジンが520馬力、ハイブリッドシステムが480馬力をそれぞれ発生させるというハイブリッドマシンならではの1000馬力である。

3
トヨタ悲願の初制覇から      3連覇を達成

トヨタ悲願の初制覇から
3連覇を達成

1985年の初参戦以降、通算19回、延べ47台の挑戦で6度の表彰台を獲得。長い歴史を紡いできた挑戦史に「初制覇」の3文字を刻んだ2018年大会。そこから2019年、2020年と3年連続で総合優勝を果たす。そして2021年、「ハイパーカー」という新時代の始まりでトヨタは4連覇を目指す。